隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< なんでわざわざ中年体育 | main | お悩み天国〈3〉治勲の爆笑人生相談室 >>
# i アイ
評価:
西 加奈子
ポプラ社
¥ 1,314
(2016-11-30)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 i アイ / 西加奈子(ポプラ社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

「この世界にアイは存在しません。」と入学式の翌日、数学教師は言った。
ひとりだけ、え、と声を出したのはワイルド曽田アイ。
その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。
ある「奇跡」が起こるまでは――。


 

 

(感想)

 

西加奈子さんが内面に抱える孤独感やアイデンティティが

この作品を書かせたんだと思います。

この人が書くからこそ説得力のあるテーマなのではないでしょうか。

 

不自由なく、幸福に暮らせることに罪悪感を持つ必要はありません。

何が大事かというと、

たとえ何も行動を起こせなかったとしても、「知ること」「感じたこと」。

この感情はその人を形作るうえでとても意味のあることだと思います。

個人の力だけでは、世界を変えることはできないけど、

こういう意識を持つ人がじわじわと増えていくことによって、

世界はいい方向へ動くのではないかと信じたいです。

 

あと、本編とは関係のないことですが、

又吉や中村文則に帯を書いてもらったのは失敗だと思います。

このへんのメンバーの仲良しアピール、もういいかげん食傷気味なんですけど・・・。

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:02 | category:    西加奈子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:02 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1216
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links