隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 彼女に関する十二章 | main | 殺人出産 >>
# (やまいだれ)の歌
評価:
西村 賢太
新潮社
¥ 1,620
(2014-07-31)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 (やまいだれ)の歌 / 西村賢太(新潮社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

中卒で家出しその日暮らしを繰り返していた北町貫多は、

十九歳にして心機一転を図 ろうとした。

横浜で新しい仕事を得、片恋する相手も見つけ、

人生の軌道修正も図れ るかと思いきや、ほどなく激しい失意が訪れる。

そのとき彼の心の援軍となったの は、或る私小説家の本だった──。

暗い青春の軌道を描く待望の長篇私小説。

 

 

 

(感想)

 

19歳になった貫多は横浜へ移住し、造園業者で働いています。

職場の事務の女の子への片恋ではお得意のポジティブシンキングを発揮し、

酒に溺れ、ほんっとーに相変わらず勘違いのクソ野郎です。

明らかに女性向けとは言えない作品!

でも、言葉のチョイスと文章のうまさに引きつけられて読んじゃうんですよね〜。

西村さん、他の人が使わないようなおもしろい言葉を引っ張り出してくる天才です!

「うわー、こんな言葉使うんだ!w」とそのセンスにはゾクゾクしちゃいます。

 

私小説ということですが、どこが真実で、どこが脚色なのかを知りたいなぁ。

酒や女での失敗、「台所の流しで用をたす」などのサイテー行為・・・、

ここまで書ける度胸に感服。

最終的にはこの職場でもお約束通りに負の方向へ進んでいく貫多ですが、

仕事納めのあの出来事はさすがにかわいそう。

こんなクズ野郎でも「かわいそう」と同情できるその憎めなさ・・・。

貫多のそういうとこが読者的にはたまらないのです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:15 | category:    西村賢太 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:15 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1214
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links