隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< コーヒーが冷めないうちに | main | クローバーナイト >>
# ヴァラエティ 
評価:
奥田 英朗
講談社
¥ 1,296
(2016-09-21)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 ヴァラエティ / 奥田英朗

 

 個人的評価 ☆☆☆★★

 

「奥田英朗はぜんぶ読んでる」という人にも、

じつはまだ読んでいない作品があるかも。

単行本初収録の短篇をはじめ、現在入手困難となっているアンソロジーの短篇、

唯一のショートショート、数少ない貴重な対談などを収録。

コアなファンからちょっと気になった人まで、

レアな奥田英朗を楽しめるスペシャル作品集!!

 

 

 

(感想)

 

著者本人が「あとがき」という名の「いいわけ」で書いているのですが、

今作はこれまで本としてまとまらず、

お蔵入りになりかけていた作品をまとめて出版したものです。

短編・ショートショート、はたまた対談まで盛り込んであり、まるでごった煮状態!

まぁ、これで奥田英朗初読みという人はいないでしょう。

コアなファンのため、そして著者本人のために出版された本ではなのでしょうか。

と、そういう経緯で出版された本なので安い紙を使ってるし、スピンもありませんw

 

なかでも一番印象に残ったのは「セブンティーン」という短編。

この親子(母と娘)のそれぞれのオンナゴコロ・・・わかるな〜。

ここに父親が介入するのは気持ち悪くて絶対にナシ!!

でも、これを高校生の娘がいてもおかしくない世代の男性である

奥田さんが書いてるというのが笑えますww

 

山田太一さんとの対談では、

「よく生きる人は、真実に深入りしない」という言葉が印象的でした。

諦めることは一種の美学・・・。

これに似たことが以前よしもとばななさんの小説にも書かれてて

強く心に残ったのを覚えています。

自分には無理っぽいことにがむしゃらにチャレンジするより、

実現可能な世界で自分を磨いていく・・・・

うん、そっちの方が現実的で素敵な生き方かもしれないなぁ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 12:11 | category:    奥田英朗 |
# スポンサーサイト
| - | - | 12:11 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1209
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links