隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 蠕動で渉れ、汚泥の川を | main | ヴァラエティ  >>
# コーヒーが冷めないうちに
評価:
川口俊和
サンマーク出版
¥ 1,404
(2015-12-07)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 コーヒーが冷めないうちに / 川口俊和(サンマーク出版)

 

 個人的評価 ☆☆★★★

 

【2017年 本屋大賞ノミネート作品! 】
とある街の、とある喫茶店のとある座席には不思議な都市伝説があった。
その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという
ただし、そこにはめんどくさい……非常にめんどくさいルールがあるのだが・・・。
この物語は、そんな不思議な喫茶店で起こった、心温まる四つの奇跡♪
あの日に戻れたら、あなたは誰に会いに行きますか?

 

 

 

(感想)

 

本屋大賞ノミネート作品です。

本屋大賞は私が最も信頼している賞だけど、今作に関しては「?」。

文章が読みにくいし、過去に戻る際のルールも多すぎて読んでて非常にめんどくさい。

妙に行間を取っているけど、それに意味も感じない。

でも他の方々のレビューを読んで著者が脚本家兼演出家であると知り、

すべてを納得しました。

小説ではなく、どちらかというと台本的な書き方のように感じます。

だからト書きのような説明的な物を感じ、行間も多い・・・そういうこと。

 

人物の描き方も雑なので、登場人物に愛着がわきません。

もっと深く掘り下げて描けば魅力的に映るようなキャラばかりなのにもったいないです。

さらに第4話である人物が北海道にいることに関してなんの説明もなく、

「どうして?こんな大事な日にどうして??」と疑問が渦巻き、すっきりしない読後感。

 

とにかく著者の力量不足を感じてならない作品。

でも頭の中を物語を描く力はあるようだから、

それを文章にする力をつけるのがこの方の今後の課題でしょうね。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:30 | category: 作家名 か行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:30 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1208
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links