隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 私が失敗した理由は | main | 西村賢太対話集 >>
# トコとミコ
評価:
山口 恵以子
文藝春秋
¥ 1,836
(2016-11-21)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 トコとミコ / 山口恵以子(文藝春秋)

 

 評価 ☆☆☆☆

 

名門、六苑伯爵家の令嬢・燈子と、使用人の娘、美桜子。

数奇な運命にもてあそばれつつも互いを思いやり、時に憎みながら、

激動の昭和、平成を強くしたたかに生き抜いた二人の女性の生涯を描く。

6歳から96歳まで歴史に翻弄された、

人のヒロインの運命を描く大河ロマン。

 

 

 

(感想)

 

昭和から平成までを生きた伯爵令嬢と使用人の娘の6~96歳までの物語。

名門家の煌びやかな生活、戦争、バズル期・・・激動の時代を生き抜く二人の女性。

お嬢様だったトコちゃまはたおやかで優美で、自分が動かなくても自然と人や運を引き寄せる。

一方、使用人の娘だったミコは自分の手でどんどん運命を切り開く。

どちらも女性もそれぞれに魅力的です。

女性が好きそうなストーリーだし、

朝ドラとかでダブル主演で、しっかりとドラマ化してくれないかな〜。

長い長い人生を描いているわりに約250ページとさほど長い小説ではなく、

でも急ぎ足すぎて描ききれてないものがあると感じるわけでもなく、

コンパクトな中にギユギュと面白みが凝縮されています。

 

「三つ子の魂百まで」という言葉があるけど、まさにその通り。

平成の世になり、

世の中どころか本人達ですら令嬢だの家柄だのなんてことに拘らなくなってからも、

トコちゃま一族のその部分に誰よりもこだわっていたのがミコであったことが切ない。

女手一つで事業を興し、トコちゃま一家の生活を支え、

もはやトコちゃま一家のすべてを握っているのはミコといっても過言ではないのに、

それでもやっぱり根っこは「トコちゃま家の使用人の娘」なのだなぁ・・・。

だけど「女の友情」「令嬢と使用人」「嫉妬」という関係性だけでない

言葉にはできない深いものがこの2人の間にはあったのだと思います。

 

物語を彩る重要なアイテムであるおそろいの牛首紬の着物。

時代とともにそれはコートとなり、コースターとなり形を変えていく友情の証。

いつまでも大事に使うその心がたまらなく素敵です。

しかも実はモノがいい方の牛首紬を持っていたのはミコの方だったってのが泣けました。

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:34 | category:    山口恵以子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:34 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1204
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links