隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 草花たちの静かな誓い | main | すみなれたからだで >>
# 幸せのプチ 町の名は琥珀
評価:
朱川 湊人
日本経済新聞出版社
¥ 1,836
(2016-11-09)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 幸せのプチ 町の名は琥珀 / 朱川湊人(日本経済新聞出版社)

 

 評価 ☆☆☆☆

 

都電が走るこの下町には白い野良犬の「妖精」がいる・・・・。
銭湯の煙突が目立つ迷路のような路地は生活感が溢れ、地味なくせに騒々しい。

口が悪くて、おせっかいな人たちが暮らす町に、

ちょっぴり不思議で、ささやかな奇跡が起きる時……。

 

 

(感想)

 

下町の「琥珀」という町を舞台に描く様々な人間模様。

それぞれが独立したお話でありながらも、人情の厚い下町という土地柄もあって、

人々の生活はどこかでつながっている。

そして、彼らをそっと見守るかのように存在する白い犬・・・・。

現代では野良犬なんてめったに見なくなったけど、たしかに私が子供のころはいた。

もう野良犬という存在自体がノスタルジーを誘うものになっていることに気付き驚愕。

そんな懐かしさと、人の優しさにほっこりできる作品集でした。

まさに「THE 朱川湊人」な雰囲気です。

 

どのお話も後味がよくて、気持ちのいい読書ができたけど、

特に好きなのは「タマゴ小町とコロッケ・ジェーン」。

やはり私も女ですから、タマゴ小町には大いに共感できました。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:28 | category:    朱川湊人 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:28 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1200
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links