隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 何者(再読) | main | 幸せのプチ 町の名は琥珀 >>
# 草花たちの静かな誓い

JUGEMテーマ:小説全般

 

 草花たちの静かな誓い / 宮本輝(集英社)

 

 評価 ☆☆☆☆

 

ロサンゼルス在住の叔母の突然の訃報。

甥の弦矢が駆けつけると、27年前に死んだはずの叔母の一人娘が、

実は死んだのではなく、当時からずっと行方不明なのだと知らされる。
なぜ叔母はそのことを長らく黙っていたのか。

娘はいまどこにいるのか。弦矢は謎を追い始める――。
生き別れた母子の運命を豊かに描き出す長編小説。

 

 

(感想)

 

ミステリーにカテゴライズされる作品なのだろうけど、

草花の清らかな美しさと、

アメリカ西海岸のリラックスした雰囲気が心地よく、

ドキドキするよりもゆったりとした気持ちで読める作品でした。

雰囲気がいいから、

本来は許しがたい行為をした人物もそこまでの悪人に思えない。

そのへんが宮本輝的配慮というか、らしさというか・・・ですね。

 

キクエさんの精神力の強さに圧倒されます。

母親としてその選択をしたことはもちろんなんだけど、

それ以降も一生、イアンの妻であるキクエ・オルコットとして

生き続けたということが、もう私なんかには想像もできない境地。

やっぱり宮本さんの作品って深い。

「人の心」たるものをしっかりと読ませてくれる作家です。

 

ニコの存在がハードボイルド感あってアメリカチックで素敵。

そしてキクエのスープも飲んでみたい。

本筋と違うささやかな部分にも惹かれるもののある作品でした。

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:35 | category:    宮本輝 |
# スポンサーサイト
| - | - | 17:35 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1199
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links