隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 私の消滅 | main | 草花たちの静かな誓い >>
# 何者(再読)
評価:
朝井 リョウ
新潮社
¥ 637
(2015-06-26)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 

 何者 / 朝井リョウ(新潮社)

 

 評価 ☆☆☆☆☆

 

就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。

光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。

瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じアパートに住んでいるとわかり、

理香と同棲中の隆良を交えた5人は就活対策として集まるようになる。

だが、SNSや面接で発する言葉の奥に見え隠れする

本音や自意識が、彼らの関係を次第に変えて……。直木賞受賞作。

 

 

 

(感想)

 

少し前にこの本のアナーザーストーリー集「何様」を読んだので、

記憶を甦選らせる意味も込めて2013年に読んだものを再読。

当時は☆3つであまり高い評価をしていなかったんだけど、

改めて読んでみたらめっちゃ面白い!!

作品への評価が違えば、当時のブログに書いてあることにも納得いかず、

もう一度レビューを書きなおすことにします。

普段は再読しても感想はあまり変わらないので、

レビューの書きなおしなんてしないんですけどねっw

 

「演じなきゃいけない」、今の若者。

就活にしたって等身大の自分でぶつかったら内定なんて取れっこないし、

いかに用意周到準備して、嘘ついて、演じられるかに合否はかかってる。

それに対する皮肉も込められた作品なんじゃないかなぁ。

 

以前読んだ時は、彼らのことを滑稽に思ったんです。

でも、今回は違う。

もう、そうしないと生きていけない時代なんだな・・・。

最後に理香がぶちまけるシーンなんか理香も拓斗も痛々しくて、

この時代に生きている若い人をかわいそうにすら思います。

 

SNSやネットの普及によって居場所を見つけた人もいる一方で、

常に監視されて居心地の悪い思いをすることも多々ある時代です。

便利になれば、また新たな問題も出てくるから困りもの・・・。

朝井リョウさんはやっぱりこの時代ならではの違和感を描くのが抜群にうまい。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:55 | category:    朝井リョウ |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:55 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1198
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links