隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アンと青春 | main | 何者(再読) >>
# 私の消滅
評価:
中村 文則
文藝春秋
¥ 1,404
(2016-06-18)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 私の消滅 / 中村文則(文藝春秋)

 

 評価 ☆☆☆

 

このページをめくれば、あなたはこれまでの人生の全てを失うかもしれない。
一行目に不気味な文章が書かれた、ある人物の手記。
それを読む男を待ち受けるのは、狂気か救済か。
中村文則が放つ、新たな最高傑作。

 

 

 

(感想)

 

前半はいま語っているのが誰なのかわからなくなり、混乱が多い。

けど、復讐のために何が行われたかを理解すると

スムーズに読めるようになりました。

作品への理解が深まれば深まるほど、タイトルの意味が重みを増し、

ラストは切なかったなぁ・・・。

宮崎勤事件の作者なりの解釈や、

パブロフの犬などの心理実験などのネタも興味深かったです。

 

読んでいて楽しめるストーリーとは言えないし、

好きなタイプのお話でもなかったので星は3つ。

だけど、しっかりと練られててうまい.。さすが中村文則さん!

たんに私に合わなかっただけです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:04 | category:    中村文則 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:04 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1197
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links