隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 陸王 | main | アンと青春 >>
# 何様
評価:
朝井 リョウ
新潮社
¥ 1,728
(2016-08-31)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 何様 / 朝井リョウ(新潮社)

 

 評価 ☆☆☆☆☆

 

光太郎が出版社に入りたかったのはなぜなのか。
理香と隆良はどんなふうに出会って暮らし始めたのか。
瑞月の両親には何があったのか。拓人を落とした面接官の今は。
立場の違うそれぞれの人物が織り成す、`就活'の枠を超えた人生の現実。
直木賞受賞作『何者』から3年。

いま、朝井リョウのまなざしの先に見えているものは――。

「何者」のアナザーストーリー集。 

 

 

 

(感想)

 

「何者」のアナザーストーリー集ですが、

「何者」を読んでいな人でも十分楽しめます。

事実、私は「何者」を読んだのはもうだいぶ前で、

誰が誰なのか忘れてしまってたけど、独立した作品として面白かったです。

(この本の記憶が新しいうちに「何者」の方を再度読んでみなきゃ!)

 

朝井リョウさんは今のリアルな若者をちょっと皮肉った視点で描くのが抜群にうまい。

今の人ってちゃらちゃらしてて明るいようでいて、

心の中には誰にも言えないような暗〜いものを抱えてる。

表に出す自分と、表に出せない自分の落差がものすごく激しい。

SNSが普及し、いろんな自分を生きなきゃ(演じなきゃ?)いけない時代になって、

多面性を要求されるイマだからこそ、

小さいことに引っかかりを感じ、モヤモヤを抱えてしまう。

朝井さんのそういうことに対する違和感が作品によく表れています。

 

「それでは二人組を作ってください」

「むしゃくしゃしてやった、と言ってみたかった」、この2つのタイトルは秀逸。

思い当たることがあって、タイトル見ただけでうわーーー!って思いました。

 

「本気」や「まじめ」はダサくって、

何事も茶化さないとやってけないような時代だけど、

「一瞬の本気」は確実に人の心を動かす。これほんと!

本気にならなきゃいけないときは恥ずかしがらずに、立ち向かわなきゃね。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:53 | category:    朝井リョウ |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:53 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1195
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links