隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 総選挙ホテル | main | 恋するハンバーグ 佃 はじめ食堂 >>
# ジニのパズル
評価:
崔 実
講談社
¥ 1,404
(2016-07-06)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 ジニのパズル / 崔 実(講談社)

 

 評価 ☆☆☆☆

 

オレゴン州の高校を退学になりかけている女の子・ジニ。

ホームステイ先でステファニーと出会ったことで、

ジニは5年前の東京での出来事を告白し始める。
二つの言語の間で必死に生き抜いた少女が、

たった一人で起こした“革命”の物語。

若き才能の圧倒的デビュー作!

 

 

 

(感想)

 

「アメトーーク」の読書芸人の回で若林が話題に出していた本。

この人とは読書の好みがあうので、迷わず読んでみました。

 

いやー、これがデビュー作か・・・。

この方、しょっぱなからとてつもないメッセージのある作品を生み出しましたね。

文章も構成もまだ洗練されてなくて荒っぽさがあるんだけど、

逆にそれが1人で無茶な革命を起こそうとした少女の心の熱を表すのに一役買っていて、素晴らしい効果を生み出しています。

これはベテランの作家には絶対に出すことのできない「味」。

そして、日本の作家にはまねのできない、

この人だから書いておかなきゃならない気迫のようなものも感じました。

 

国の歴史や現在も続く北朝鮮や韓国との問題に対して、

知識の少ない私があれこれ言いたくはない。

でも、日本で生まれ育った韓国籍の女の子が、

自分の境遇にこんなに苦しんでいるなんて胸が締め付けられました。

彼女を生きにくくしているのは、私達の偏見や意識の低さでもあるんだなぁ。

大事なのは「どこの国に国籍があるか」じゃない。

「その人自身」のはずなのに・・・。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:18 | category: 作家名 た行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 16:18 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1185
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links