隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夜に啼く鳥は | main | 総選挙ホテル >>
# あおぞら町 春子さんの冒険と推理

JUGEMテーマ:小説全般

 

 あおぞら町 春子さんの冒険と推理 / 柴田よしき(原書房)

 

 評価 ☆☆☆

 

春子は、ゴミ置き場に花を捨てに来た男性に声を掛け、その花を譲り受けた。

が、数日後に再び男が捨てに来た花を見て、

春子はあることの重大な意味に気づいたのだが……。
春子と拓郎(プロ野球選手)が織りなす事件と日常と花々の連作集。

 

 

(感想)

 

主婦の春子さんが日常に潜むちょっとした謎を解いていく連作ミステリー。

謎の真相が意外すぎて、読者自身が謎を解く面白みには欠けるかもしれませんが、

ほんわかしてて毒もなく、サクッと読めます。

大作にどっぷりのめり込むのではなく、軽く読書したい気分の時にいいタイプの小説です。

 

主人公・春子さんの夫は野球選手とはいえ2軍。

来季の契約も危うい微妙な立場にありながらも、腐らずに常に前向き。

春子さん自身もそんな夫を支えようという気持ちに溢れていて、

なんとも気持ちのいいカップル。

そんな二人だから読者もついつい応援したい気持ちになっちゃう。

謎解きの面白さよりも、

登場人物の魅力で読者の気持ちをつかめてる作品だという気がします。

野球選手の奥さんなんて聞くと華やかなイメージがあるけど、

それはほんの一握りのスター選手の奥様ばかりなのかもしれないですね。

野球界の意外な一面も知れて、その観点でも楽しめました。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:50 | category:    柴田よしき |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:50 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1183
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links