隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 私の容れもの | main | 夜に啼く鳥は >>
# 明るい夜に出かけて
評価:
佐藤 多佳子
新潮社
¥ 1,512
(2016-09-21)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 明るい夜に出かけて / 佐藤多佳子(新潮社)

 

 評価 ☆☆☆

 

今は学生でいたくなかった。きっかけになったトラブルはある。

でも、うまく説明できないし、自分でも整理がついていない。

実家を出て、バイトしながら、まったく違う世界で自分を見つめ直すつもりだった。

「歴史を変えた」と言われる伝説のあのラジオ番組が小説内でオンエア!

「青春小説」に名作がまた誕生した。

 

 

 

(感想)

 

実際に今年の3月末まで放送されていたラジオ番組「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」を軸に

今時のネットツールを利用しながら成長していく若者の姿を描きます。

ちょっと読む人を選びすぎる題材ではありますが、

特に「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」のリスナーだった人にとってはたまらない1冊なのではないでしょうか。

作中に出てくる番組の中で私が聞いていたのは今はなき「星野源のRADIPEDIA」のみですが、

番組名が出てきただけでも相当嬉しかったし、

佐藤多佳子さん、おそらく相当ヘビーな深夜番組リスナーだと思われます。

詳しすぎるww そして深夜ラジオに対する愛にが溢れすぎているww

 

この世界観に入り込むまでは大変でしたが、

後半になるにつれ、深夜のこんなところにも青春や絆があって、

ラジオに賭ける職人のたぎるエナジーがビンビン伝わってきます。

自分が一番好きなこと・輝けることをしていれば、

おのずといい出会いも巡ってくるし、何より自分の心の健康にいい。

輝ける場所を見つけて、素直に大事にしたい・・・シンプルにそう思えます。

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:49 | category:    佐藤多佳子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:49 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1181
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links