隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 九十歳。何がめでたい | main | 私の容れもの >>
# みかづき
評価:
森 絵都
集英社
¥ 1,998
(2016-09-05)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 みかづき / 森絵都(集英社)

 

 評価 ☆☆☆☆

 

昭和36年。

小学校用務員の大島吾郎は、

勉強を教えていた児童の母親・赤坂千明に誘われ、ともに学習塾を立ち上げる。

女手ひとつで娘を育てる千明と結婚し家族になった吾郎。

ベビーブームと経済成長を背景に塾も順調に成長してゆくが、

予期せぬ波瀾がふたりを襲い―。

山あり谷あり涙あり。昭和~平成の塾業界を舞台に、

三世代にわたって奮闘を続ける家族の感動巨編。

 

 

 

 

(感想)

 

昭和から平成にかけて塾経営に携わる家族を描く長編。

実話をもとに書かれた作品なのかな?と勘違いしちゃうようなリアリティがあり、

なんだか朝ドラっぽいお話でした。

 

戦時中の極端な教育の末に戦後〜高度経済成長期〜と時代は流れ、

現代は収入格差による貧困により教育にも格差が出てきている時代です。

その時代の流れがわかりやすく、

どの時代の教育の現実もリアルに描かれており、

児童文学の作家だった森さんがこんな作品を書くようになったことにただただ驚いています。

 

教育への姿勢を曲げないことと、経営して利益を得ること。

どちらの面でも妥協することなく成り立たせるのは並大抵のことではなく、

そこに塾生の保護者や文部省まで絡んでくるから大変。

「教育がテーマ」なんて聞くと堅苦しい小説なのかな?と思いがちですが、

最初から最後までハラハラドキドキで意外にもスイスイと読める作品でした。

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:08 | category:    森絵都 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:08 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1179
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links