隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< イノセント | main | 九十歳。何がめでたい >>
# 手のひらの京
評価:
綿矢 りさ
新潮社
---
(2016-09-30)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 

 手のひらの京 / 綿矢りさ(新潮社)

 

 評価 ☆☆☆

 

おっとりした長女・綾香は31歳、次第につのる結婚へのあせり。

一方、子供の頃からモテて、恋愛に生きる次女・羽依は入社早々、

職場で人気の上司と恋仲に。

大学院で研究に没頭するリケジョの三女・凜は

自ら人生を切り拓くべく、いずれ京都を出ようとひとり心に決めていた。

生まれ育った土地、家族への尽きせぬ思い。

かけがえのない日常に宿るしあわせ。

人生に、恋に悩みながらもまっすぐ生きる三姉妹の成長と旅立ちの物語。

 

 

(感想)

 

ゆるゆるっとたおやかでいかにも京都らしい生活感にあふれた作品。

おとなしすぎてなんだか綿矢りささんらしくないな〜と思って読みましたが、

彼女が京都出身だと知り、なるほどそういうことかと納得。

京都ってなにか他の地域とは異なる独特の何かがあるし、

そこで生まれ育った作家が故郷を舞台に書きたくならないはずがない。

故郷を慈しむように大切に綴りたい・・・著者のそんな思いが感じられました。

 

それぞれタイプのまったく違う3姉妹。

でも反目することもなく、

家族というかけがえのない集合体の中でワイワイと仲よく暮らしている。

その当たり前すぎる日常感が心地いいです。

私は三姉妹の中では次女の羽依が好き。

ちゃらちゃらしてるけどバカじゃない。

いい物・正しい物を見極める目を持っていて、自分の価値も知っている人。

彼女のほんとうの価値に気付ける男性に現れてほしい。

幸せになる彼女が見たいからぜひぜひ続編を期待しています☆

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:02 | category:    綿矢りさ |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:02 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1177
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links