隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひとり上手な結婚 | main | イン・ザ・ヘブン >>
# 人のセックスを笑うな

JUGEMテーマ:文庫

 

 人のセックスを笑うな / 山崎ナオコーラ(河出文庫)

 

 評価 ☆☆☆

 

19歳のオレと39歳のユリ。

恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた・・・。

美術専門学校の講師・ユリと過ごした日々をみずみずしく描く、せつなさ100%の恋愛小説。

第41回文藝賞受賞作/芥川賞候補作。短篇「虫歯と優しさ」を併録。

 

 

 

(感想)

 

文藝賞がらみの作品とはあまり相性がよくないのだけど、

ナオコーラ作品は全部押さえておきたくて、だいぶ前の作品だけど読んでみた。

 

うーん、私はやっぱり比較的新しいナオコーラ作品が好きなのであって、

やっぱり初期の頃のはいまいちピンと来ないなぁ。

タイトルのインパクトがすべてというか、タイトルとストーリーが直結してない印象。

 

20歳も年上の女性と恋をした学生の視点から描かれるのだけど、

感情のぶつかり合いがなく、

自分が傷つかないように心の距離感を測りながら恋愛をしている・・・

そんな印象を受けました。

女39、男19・・・この年齢差の恋はどうしたって女主導になるだろうなぁ。

 

雰囲気を味わう作品という気がしました。

もう少し押しつぶされそうな感情のやり取りにドキドキしたかった。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:34 | category:    山崎ナオコーラ |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:34 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1160
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links