隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< サブマリン | main | ひとり上手な結婚 >>
# 西洋菓子店プティ・フール

JUGEMテーマ:小説全般

 

 西洋菓子店プティ・フール / 千早茜(文藝春秋)

 

 評価 ☆☆☆☆

 

『女を昂奮させない菓子は菓子じゃない』。
スイーツは誰かの心を不意につかんで新しい場所へと羽ばたかせるスイッチ。

下町の洋菓子店を舞台に繰り広げられる鮮烈な六つの物語。

 

 

 

(感想)

 

作中に『女を昂奮させない菓子は菓子じゃない』というセリフがあるのですが、

千早茜さんの作品には女を激しく昂奮させる要素がたくさん詰まってます。

「男ともだち」では決定的な関係にはならずとも絶対的な男女の関係を築いてる2人を描いて、私の女のとしてのズルい部分を激しく揺さぶってくれたけど、

今回は魅惑的なスイーツで私の欲望を魅惑。

しかもそれは甘くきらびやかなかわいいスイーツではなく、

一筋縄ではいかない大人の深い味わいのする本格派。

恋も人生も甘いだけじゃ物足りない、刺激も欲しい・・・

女のそんなめんどくささを千早さんはよくわかってらっしゃるようですw

 

美味しそうなスイーツがいろいろと出てくる中で、

どれをいちばん食べたいと思ったかによって、

今の自分の求めるものがわかるかもしれません。

この小説にはそんな心理テスト的な素もあります。

私がいちばん魅かれたのは「ピーチメルバ」だけど、

これは日常の感じがしない特別なものという気がして、

ほんとうに日常的に繰り返し繰り返し食べたいのはやっぱじいちゃんのシュークリームですw

あははw 深層心理はっきり現れますね!

 

登場人物たちの今後が気になって仕方ないです。

千早さんっ!これの続編を書かないのはなしですよ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:06 | category:    千早茜 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:06 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1158
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links