隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 僕とおじさんの朝ごはん | main | 奥さまはクレイジーフルーツ >>
# ねじまき片想い(〜おもちゃプランナー・宝子の冒険〜)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 ねじまき片想い(〜おもちゃプランナー・宝子の冒険〜) / 柚木麻子(東京創元社)

 

 評価 ☆☆☆☆

 

毎朝スカイツリーを見上げながら、水上バスで通勤する富田宝子、28歳。

浅草にあるおもちゃ会社の敏腕プランナーとして働く彼女は、

次から次へと災難に見舞われる片想い中の西島のため、

SP気分で密かに彼のトラブルを解決していく…!

やがて、自分の気持ちに向き合ったとき、宝子は―。

 

 

 

(感想)

 

すっごいかわいいお話でした。

 

長年の片思い・・・気持ちは伝えられないけど、彼のそばでお役に立ちたい。

切ない乙女心はわかるんだけど、宝子さんがあまりに非現実的でイタい女性すぎて、

漫画チックになってしまってるところで好き嫌いが分かれる作品なのかもしれません。

最後まで読んでも彼の魅力がさーっぱりわからず、

ここまで長く思い続ける価値のある男なの?と思ってしまいますが、

そのズレっぷりも含めて、宝子さんらしさなんだろうなぁ。

 

最終的にハッピーエンドが待っているのかと思いきや、

決してそうとはいえない思わぬ展開なのもいい意味で期待を裏切ります。

やっぱ宝子さん、タダものじゃあない!

いつかは幸せ、つかんでほしいです♪♪

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:58 | category:    柚木麻子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:58 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1151
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links