隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 幾千の夜、昨日の月 | main | マチネの終わりに >>
# わたしの宝石
評価:
朱川 湊人
文藝春秋
¥ 1,728
(2016-01-12)

JUGEMテーマ:小説全般

 わたしの宝石 / 朱川湊人(文藝春秋)

 評価 ☆☆☆


女性の前で男性が「さみしい」と口にする時、
きっとさみしさはその瞬間に消えているのです。
じんわりと心をえぐる、特別な愛のストーリー6編。



(感想)

どのお話もキラリと光る宝石ような男女の愛がテーマ、
朱川さんお得意の昭和のノスタルジック感漂う短編集です。
朱川さんの短編集はなつかしさと優しさで胸がギューッといっぱいになることが多いのですが、
今回のはこれまでの作品に比べるとさらっとしていたかな?
ソフトな印象を受けました。

中でも「ポコタン・ザ・グレート」は異色です。
他のは切なさや時代ならではの暗さを感じるけど、これだけはスカッと明るい!
きっと誰もがポコタンを好きになるはずです!
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:22 | category:    朱川湊人 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:22 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1137
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links