隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< バラカ | main | 優しい言葉 パンとスープとネコ日和 >>
# 福も来た パンとスープとネコ日和
JUGEMテーマ:小説全般

 福も来た パンとスープとネコ日和/ 群ようこ(角川春樹事務所)

 評価 ☆☆☆☆☆


編集者を辞めて、素材にこだわり、
手間ひまをおしまない美味しいサンドイッチと滋味深いスープのお店を営むアキコは、
愛猫を失った悲しみを抱えつつも、温かな人々に助けられ、日々を丁寧に生きています。
「パンとスープとネコ日和」、待望の第2弾!!



(感想)

前作も面白かったけど、前作はナチュラル志向で、
そういう類の情報を必死に集めて群がってくるようなタイプの人たちを
著者がな〜んとなくチクッと刺すようなものを感じたんですよね。
その皮肉めいた毒がエッセンスになって逆に私には小気味よく感じたけど、
今作にはそういった皮肉は感じなかったなぁ。

今回は美味しそうなスープやかわいいネコに癒されて、
ゆるゆるっと現実逃避してるだけじゃなく、
アキコさんのたろを失ったことでの喪失感やお店経営に対しての迷いなどが描かれ、
「一人で、自分の足で立って、生きていかなきゃ」というリアルも感じられるのがいいです。
食べていけなくなる危機を感じれば、
自分の主義を曲げて儲けに走ることもやむを得ないけど、
アキコさんはそうはせず、
自分のやり方でゆっくりとゆっくりと解決策を見つけようとする。
この生き方を素敵だと思うし、
しまちゃんは出しゃばることなく、最高の距離感でついてきてくれる。
この二人の関係性もたまらなく好きです。
はっきりとしたことは言わないけど、
そっと見守ってくれるお向かいのママさんの距離感も素晴らしい。
ベタベタしない、でもいつも静かに寄り添って「気づき」を与えてくれる・・・・
こんな人間関係を私も築けたらなぁ。

ネコという存在も大きなキーワードなので、
ネコ好きの方は感情移入しまくりでしょうね。
私は完全なる犬派なので、ネコのネタにはそこまで惹かれないけど、
好きな人はたまらんだろうなぁというのだけはわかりますw

癒され小説。
通勤途中などせわしない時よりは、家で時間のある時にゆっくり読みたい本です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:48 | category:    群ようこ |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:48 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1126
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links