隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トットひとり | main | 軽薄 >>
# ズッコケ熟年三人組
評価:
那須 正幹
ポプラ社
¥ 1,296
(2015-12-01)

JUGEMテーマ:小説全般

 ズッコケ熟年三人組 / 那須正幹(ポプラ社)

 評価 ☆☆☆


ありがとうズッコケ三人組!
age50シリーズついに完結!
ハチベエ、ハカセ、モーちゃんはいつまでもズッコケ三人組!!!





(感想)

小学生のころから読み続けた「ズッコケ三人組」のシリーズがついに完結です。
あのころは小学生だったハチベエ・ハカセ・モーちゃんも今や50歳・・・。
彼らと一緒に読者の私たちも年を取りましたっw
このシリーズが始まったのは1978年ということで、
自分が幼い頃にこのシリーズと出会い、
ともに成長できたことを一人の読書好きとして本当に幸せなことだったと思います。
読書のワクワク感を教えてくれたこのシリーズに読書人生のごく初期に出会えたということは、
自分にとってとても意味のあることでした。

だけどこれはやはり児童文学のクオリティであることは認めざるを得ません。
普段大人向けの小説を読んでる私にはやはり少々子供っぽく、刺激が足りない。
シリーズ全体としてではなく、
これ一冊で評価するとなるとまったく面白くありませんでした。
前半は駅前再開発の話がメインですが、
後半ではミドリ市の一部が土砂災害で被害に合ってしまい
これは広島の土砂災害がモチーフになっているようです。
が、前半・後半の関連性が薄く、バランスの悪い印象・・・・。
このシリーズは私にとってとても大事なものであることは確かだけど、
正直、小説としては「これが最後なのか・・・」と悲しくなるような出来です。

ということで、本編より作者のあとがきの方が心にしみます。
たしかに私も「大人になった三人組」は見たかったけど、
「老いていく三人組」は見たくない。
いつまでも小学生のころの輝きをそのままに・・・・
三人組は私の中で永遠にあの頃のままであってほしいのです。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:15 | category:    那須正幹 |
# スポンサーサイト
| - | - | 10:15 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1122
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links