隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワクチンX | main | 太陽がもったいない >>
# ラプラスの魔女
評価:
東野 圭吾
KADOKAWA/角川書店
¥ 1,814
(2015-05-15)

JUGEMテーマ:小説全般

 ラプラスの魔女 / 東野圭吾

 評価 ☆☆☆


"円華という若い女性のボディーガードを依頼された元警官の武尾は、
行動を共にするにつれ彼女には不思議な《力》が備わっているのではと疑いはじめる。
同じ頃、遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。
検証に赴いた地球化学の研究者・青江は、
双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。




(感想)

ミステリーというよりは、SFや科学の要素を盛り込んており、
東野さんの作品なら
「プラチナデータ 」や「パラドックス13」と同じ枠にカテゴライズすべき作品。

と、いうことは・・・。

あまり私の好みではないってことですな(*´ェ`*)タハァ
東野作品の面白さは描かれる事件の背景にある「人間味」だと私は思っているのだけど、今作はそこを深く掘り下げてはいなかったと思う。
登場人物たちの苦悩が心に響いてきません。
主人公が誰なのかがはっきりしないから、誰に感情移入したらいいのかわからなかったし。

私が頭が悪いだけかもしれないけど、
それぞれの現象がなぜ起こったのか、
なぜそうなるのかが理解できないから楽しめません。
消化不良というか、置いていかれてる感というか・・・・が、残ります。

最後の宝石店でのエピソードはこの作品のシリーズ化を予感させるものでした。
円華・武尾・桐宮って案外いいチームになのかもw
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:57 | category:    東野圭吾 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:57 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1109
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links