隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< カフェ、はじめます | main | 反人生 >>
# 田園発、港行き自転車(上)(下)
JUGEMテーマ:小説全般

 田園発、港行き自転車(上)(下) / 宮本輝(集英社)

 評価 (上) ☆☆☆☆  
    (下) ☆☆☆☆


絵本作家として活躍する賀川真帆。
真帆の父は十五年前、「出張で九州に行く」と言い置いたまま、
富山で病死を遂げていた。
父はなぜ家族に内緒で、何のゆかりもないはずの富山へ向かったのか―。
長年のわだかまりを胸に、真帆は富山へ足を向ける。
富山・京都・東京、三都市の家族の運命が交錯する物語。



(感想)

我を忘れて引き込まれるような刺激はないけれど、
お話の進むテンポが遅いということもあり、時間をかけて少しずつ読みました。
どことなく古臭く、若い人にはピンと来ない作品かもしれませんが、
久々にどっぷり浸ったな〜という感じがします。
富山の景色の描写もとても美しく、真帆たちの旅した風景が目に浮かぶようです。

人の心の根本にある「優しさ」や「温かさ」を感じずにはいられません。
凛とした姿勢で生きる登場人物が多く、この人達のように生きたいと思った。
人を思いやる心自然と常に持ち、丁寧に、自分に正直に生きる・・・
そうすることがおのずと良い縁や絆を呼びよせるんですね。

「赤毛のアン」の件は宮本輝さんご自身に重なりますよね?w
先日読んだばかりの吉本ばななさんとの対談集「人生の道しるべ」にこのエピソードが載っていたのを思い出し、
思わずニヤッとしてしまいました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:41 | category:    宮本輝 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:41 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1095
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links