隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夜の公園 | main | 壬生義士伝(上)(下) >>
# グラスホッパー
グラスホッパー
グラスホッパー
伊坂 幸太郎
グラスホッパー/伊坂幸太郎
角川書店
1575円
評価 ☆☆☆
復讐。
功名心。
過去の清算。
それぞれの思いを抱え、男たちは走る。
3人の思いが交錯したとき、運命は大きく動き始める・・・。
クールでファニーな殺し屋銃たちが奏でる狂想曲。

(感想)
作品の中であまりにも頻繁に「殺人」が起こりすぎます。
その点であまり気持ちの良い作品とは言えない筈なのですが、
最終的な読後感は意外なほどさっぱりしている作品です。

血や死といった中にもほっとさせてくれるような
心あたたまるエピソードがあるからでしょうか。

オアシスのように安心できる場面は、
休息」に実に効果的でした。

人の死にかかわる仕事をしている人間たちが、
ある交通事故をきっかけにお互いを追い始めるわけですが、
その展開に無理がなく、絡み方の自然な流れがうますぎておかしかった(楽しい笑)

こういうのって、今の若い人には絶対にウケると思います上向き
伊坂幸太郎さんは、自身の作品同士を少しずつリンクさせるのが好きらしく、
彼の作品を何作か読んでいる方ならそれを探すのも楽しいでしょうウィンク
| comments(0) | trackbacks(4) | 13:02 | category:    伊坂幸太郎 |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:02 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/109
トラックバック
『グラスホッパー』
妻の復讐。 システムエンジニア。 昆虫のシール。 伊坂幸太郎著『グラスホッパー』
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2011/06/15 5:36 PM |
グラスホッパー
私はこの小説を読んで初めて劇団と言う働き口があるんだ、と思いました。 最初はピンとこなかったですが読んでる内に面白く感じて読んだあとの興奮は収まり来ませんでした。 全ての符号と言うか常に荒がないようなストーリーテリングには脱帽しました。 きちんと
| 本を読もう | 2007/03/27 7:53 PM |
グラスホッパー |伊坂 幸太郎
直前に偶然にも、村上春樹の『羊をめぐる冒険』を読んでいた。 あまり読書家ではないので、 上記の作品も、村上春樹作品も初心者だ。 ネットの書評などで、 村上春樹的だと語られているのも読んだ。 確かに、この作品を読んでみると、 「村上春樹
| ミステリー倶楽部 | 2007/02/23 7:40 AM |
グラスホッパー |伊坂 幸太郎
直前に偶然にも、村上春樹の『羊をめぐる冒険』を読んでいた。 あまり読書家ではないので、 上記の作品も、村上春樹作品も初心者だ。 ネットの書評などで、 村上春樹的だと語られているのも読んだ。 確かに、この作品を読んでみると、 「村上春
| ミステリー倶楽部 | 2007/02/08 5:46 PM |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links