隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 民王 | main | あまからカルテット >>
# おしゃれと無縁に生きる
JUGEMテーマ:エッセイ

 おしゃれと無縁に生きる / 村上龍

 評価 ☆☆☆


「おしゃれ」より「普通」のほうがむずかしい。
成功しようと焦ることもない。「死なないこと」それがすべてだ。
『お金で幸福は買えるのか?』そんな問いに意味はない。
別に幸福でなくても生きていける。
だが、信頼がなければ、人生はひどく辛いものになる。
そして信頼は、絶対にお金では買えない。
村上龍のエッセイ集。




(感想)

フォントがデカく、あっという間に読み終えられます。
私とは世代も違うし、違和感を感じる部分が多く、
私が読んでいて楽しいエッセイではありませんでした。
私はまず感情論で物事を考えるタイプなので、
こうした物事を鋭く客観的に偏りなく見るというようなことはあまりできません。
「そういう考えもあるのか」、と別次元を見てるようでした。
おそらく中高年の男性向け? 
この本のターゲットからずれている私には残念ながら合いませんでした。

「おしゃれと無縁に生きる」・・・なるほど(´ー`*)(´ー`*)ウンウン
一言で言うと、それはマイペースに気楽で、かっこいい生き方に思えます。
でも、実際に読み進めると、
「えっ?村上龍、全然おしゃれと無縁なんかじゃないじゃん」と気付く。
シャツをミラノやパリで大人買いし、
HUGO BOSSからスーツを定期的に買う人のどこがおしゃれでないのか私にはわかりません。
それとも村上さんの言う「おしゃれ」とはこういった表面的なことではなく、
もっと深い意味でのことなのかな?

でもたまにズキンと響く言葉もあるんです。
「信頼はもっともフェアな概念」という考えはもっともだし、
「夢を持つこと」についてもの考え方には深く共感できました。
こうして考えると、やはり私は経済や社会情勢がテーマの章よりも、
心や感情を綴った章の方がうなずける部分が多かった気がします。
「消費を拡大させるには、需要を増やす以前に、欲望と想像力を復活させること」という考え方も大いに賛成です。

最後にどうでもいいことですが・・・・。
村上さんが韓流ドラマをよく見てるというのがすっごい意外ww
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:22 | category:    村上龍 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:22 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1080
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links