隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< どれほど脅迫されても書かずには死ねない 日本の真相! 2 | main | 3時のアッコちゃん >>
# ランチのアッコちゃん
JUGEMテーマ:小説全般

 ランチのアッコちゃん / 柚木麻子(双葉社)

 評価 ☆☆☆☆


屈託を抱えるOLの三智子。
彼女のランチタイムは一週間、
有能な上司「アッコ女史」の指令のもとに置かれた。
大手町までジョギングで行き、移動販売車の弁当を買ったり、
美味しいカレー屋を急遽手伝うことになったり。
そのうち、なんだか元気が湧いている自分に気付いて……。




(感想)

日々に追われ、周りの軋轢に息苦しい生活をしていると自分を失ってしまう。
正しい判断ができなくなってしまう。
そんなときにちょっとだけ「美味しいもの」の癒し・・・それで気付かされること。
そのなんたる大きなことか!!
軽そうで実に奥深い作品でした。
特に三智子世代の女性なら力をもらえると思います。
おとぎ話のようなお話だったけど、それがいいんだな。
ちょっとだけ夢を見て、心に余裕を持って・・・それがまた明日から頑張る活力になればいい。

全4話の中で三智子やアッコちゃんがたくさん出てくるのは最初の2つのみ。
あとの2つはまるでスピンオフのように、すれ違った程度にしか登場しません。
そのへんのバランスがどうかな〜と思ったけど、
テーマはブレてないので良しとしましょう。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:01 | category:    柚木麻子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:01 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1072
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links