隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 王妃マリー・アントワネット(下巻) | main | 夜の公園 >>
# きみにしか聞こえない―CALLING YOU
きみにしか聞こえない―CALLING YOU
きみにしか聞こえない―CALLING YOU
乙一
きみにしか聞こえない―CALLING YOU/乙一
角川スニーカー文庫
500円
評価 ☆☆☆☆
私はケータイケータイを持ってない。
なぜなら、私には友達がいないから・・・。
だから毎日空想をして、憧れ続けていたある日、
頭の中に鳴り響いた美しいメロディムードムード
それは、同じさみしさを抱えた少年からのSOSだった……。
せつなさの達人・乙一の、珠玉短編集!

(感想)
「Calling You」と「傷」は【失はれる物語】にも収録されています。
私はこちらのほうを以前読んでいたのですが、改めて好きですねぇ。

「Caling You」は現在のケータイ社会を風刺してるかのようにも取れます。
ケータイに関する何らかの悩みを抱えている人は意外に多いのではないでしょうか。
私も含め、すっかりネットPC人間となり、
ネットでの人間関係はリアルで身近な人間関係と大差がなくなってきている。
そんな「今」だからこそ読んでほしい作品です。

今を生きる私たちなら、感情移入が楽だと思います。

「傷」は幼さ故の純粋さが胸に痛い作品。
アサト君の優しすぎるほど優しい心・・・
優しい人は、同時に傷つきやすくもありますね。
その心の痛みが切なかったです。

そして今回はじめて読んだ「華歌」。
前半はおとぎ話のような癒しを与えてくれますが、
後半は乙一のマジックにまんまと騙されていたことに気づくはずです。
私の場合、どこで読み間違ったのが振り返ってみてもまったくわからず・・・。
ひとつのイメージだけにこだわらず、柔軟に読むのがポイントです(笑)
全体通してみても、本当に乙一にしか書けない独特の世界だな、と感心しました
| comments(2) | trackbacks(0) | 11:41 | category:    乙一 |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:41 | category: - |
コメント
★あさのさん★
ああ、そうなんですよね。
乙一の作品って、
切なさで苦しくなりそうになります。
痛みとか孤独を知ってなければ、
書けないとも思います。
| ともみ | 2007/11/13 12:12 PM |

切ない(;△;)
心が悲しぃ気持ちで一杯になって、苦しくなりました。
『傷』は、登場人物が愛おしいかったです。
なんでそんなに優しいの?と考えた時、きっと人の痛みを知ってるからかなぁと思いマシタ。
痛みを知ってるからこそ、人に優しく出来るんでしょうね。
| あさの★ | 2007/11/12 10:42 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/107
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links