隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< アイネクライネナハトムジーク | main | 風のベーコンサンド 高原カフェ日誌 >>
# 花野に眠る 秋葉図書館の四季
JUGEMテーマ:小説全般

花野に眠る 秋葉図書館の四季 / 森谷明子(東京創元社)

評価 ☆☆☆☆


れんげ野原のまんなかにある秋葉図書館は、いつでものんびりのどか。
新人司書の文子の仕事ぶりも、どうにか板についてきた。
そんななか、図書館のお向かいの日向山から突然、白骨死体が・・・。
本を愛してやまない人の心をくすぐる、やさしい図書館ミステリ!




(感想)

「れんげ野原のまんなかで」の続編です。
私がこの本を読んだのは2006年1月。
れんげそう畑に囲まれた静かな図書館が舞台♪
もうそのシチュエーションだけで本と花が好きな私はこの本が気にいりました。
大好きな作品として今も鮮明に記憶に残っているし、
当時のレビューにも「ぜひ続編を!」と書いていたので実現したのがとても嬉しいです。

物語が進むにつれ、悲しくもまっすぐな1人の人物の人生が浮かび上がってきます。
自分のできる範囲で精一杯に生きているのに、
少しでも人と違う・劣っている部分があると平凡な幸せすらも許されない。
だけどそんな報われない人でも、
強い想いというものは永遠に色褪せず、受け取った人・向き合った人の心に残る。
「人を想う気持ち」が心にしみました。

残念だったのは、前作から感じていた「登場人物のキャラクターの甘さ」。
当時のレビューにも「続編があれば、もう少し人物をしっかりと描いてほしい」と書いていたけど、
前作からの登場人物・図書館のスタッフ3人に限ってはそれは改善されてなかったと思う。
いい3人組だとは思うんだけど、もう少し深く描き込めなかったのでしょうか・・・・。
とにかく主人公に魅力がない。これは致命的。うーん。もったいないなぁ。

図書館が舞台の作品だけあって、作中には実在する本がたくさん登場します。
そのなかでも「ある子馬裁判の記」はぜひ読んでみたいです!
そして辰巳芳子さんの本も少し前にかなり話題になった本だし、チェックしなきゃ〜〜。
こんな風にこの本からまた、別の本と出会う機会をもらって・・・それもまた素敵なことですね。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:28 | category:    森谷明子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:28 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1044
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links