隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サーカスナイト | main | Red >>
# “町内会”は義務ですか?  〜コミュニティーと自由の実践〜
JUGEMテーマ:新書

“町内会”は義務ですか?  〜コミュニティーと自由の実践〜 / 紙屋高雪

評価 ☆☆☆☆


自分の住む地域のコミュニティーは大切…
…でも実際のハナシ、自身の手間と面倒は極力避けたい…というのが本音。
そんな建前と本音がシビアな現実になる場が、町内会・自治会です。
団塊ジュニア世代の著者は、町内会長(自治会長)をついひきうけてしまい、その仕組みと実態に驚きつつ、てんてこまいに。
ちょっとした成果に充実感をえたりもしながら、最後は「吊るし上げ」にあった末、
一風変わった「ミニマムで楽しくラクな町内会」の創生へと到りました。
体験ルポを通して、歴史や、法的な位置づけ、統計データも踏まえ、
町内会・自治会の今後のあり方を提言します。



(感想)

私達がここへ引っ越してきた12年前は、今よりも確かにご近所や自治会の交流がありました。
でも年月が経ち、自分たちよりも若い世代が増えるにつれて、
ご近所とのコミュニケーションの機会はどんどん減り、
最近は知っている人と以外はすれ違っても挨拶もしない住人が多い状況。
変わったな・このままでは自治会も機能しなくなるのでは?と不安感を抱えている最中にこの本に出会いました。
こんな世帯数の多い町内会(自治会)ではないけれど、
うちも何度も会長や役員になったことがあるので、著者の苦しみや葛藤には身をつまされる思いです。
本の中に綴られたエピソードの中には、私の住む町内会であったことと似たような出来事も出てきて、
「ああ、どこの町内会でも出てくる問題なのだな」と感じさせられたりもしました。

震災等でも普段からのご近所とのつながりの必要性は大きく見直されましたし、
正直「自分は絶対に積極的には参加したくないけど、誰かにうまく運営してほしい」というのが
町内会に対する多くの人の意見だと思います。
ならば、どうしていけば役員にも住人にも負担のない町内会が作れるのか?
著者は町内会長としてそれを実践しました。

会長としての負担の大きさにどんどんまいり、追い詰められていく著者・・・・。
なんとかごまかしながらこなすのかと思いきや、最終的に彼は思い切った決断にでます。
これまでの町内会の歴史を変える大きな決断!これには驚きました!
比較的新しい住人なのに会長に祭り上げられあげく、
すべてを丸投げされるかのように押しつけられて、普通なら心が折れます。投げ出します。
でも、それでも投げ出さずに新しい道を模索し、築き上げた著者に拍手です。

これから世の中は高齢化社会に向かってますます加速化します。
そうなってくると隣近所とのつながりは今以上に大切にしていかなければなりません。
この本を読んだ今でも役員になるのは正直嫌ですがww、過度に嫌がらずに協力くらいはしようかな
著者の努力を見ているうちにそんな気持ちになりますよ。
町内会・・・1人1人の意識の持ちようで変わる気がします。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:43 | category: 作家名 か行 |
# スポンサーサイト
| - | - | 15:43 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1024
トラックバック
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links