隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< ありふれた愛じゃない | main | キャプテンサンダーボルト >>
# かたづの!
評価:
中島 京子
集英社
¥ 1,944
(2014-08-26)

JUGEMテーマ:小説全般

 
 
かたづの! / 中島京子(集英社)

評価 ☆☆☆☆☆


慶長五年(1600年)、角を一本しか持たない羚羊が、
八戸南部氏20代当主である直政の妻・祢々と出会う。
羚羊は彼女に惹かれ、両者は友情を育む。
やがて羚羊は寿命で息を引き取ったものの意識は残り、祢々を手助けする一本の角―南部の秘宝・片角となる。
平穏な生活を襲った、城主である夫と幼い嫡男の不審死。
その影には、叔父である南部藩主・利直の謀略が絡んでいた―。
次々と降りかかる困難に、彼女はいかにして立ち向かうのか。波瀾万丈の女大名一代記!



歴史小説でありながらファンタジーの要素もあるので、
歴史小説に少し苦手意識を持っている私にも読みやすかったです。
語り手がカモシカだし、軽くて独特の雰囲気が良いのだと思います。
そういう点ではもともと歴史小説が好きな方には違和感があるでしょう。
数年前に遠野を旅したことがあるのですが、その前にこの本に出会っていればなぁ・・・・。

主人公・清心尼のことは同じ東北に住みながらまったく知りませんでした。
若いうちに夫と息子を暗殺され、「女亭主」となった女性・・・
戦わずに国を治めようという姿勢は女性だからこそのもの。
揺るぎない信念と強さを持っているけれど、
三戸の叔父には大切なものをたくさん奪われて、何度も何度も悔しい思いをする。
それでも逆らうことは許されない。それがこの時代というもの。
諦めの中にも、それでもなんとか痛みを軽くおさめるために策を凝らす姿が勇ましかったです。

清心尼の亡き後の片角のその後が悲しい。
今でもどこかへ展示されているのでしょうか?見に行きたいなぁ。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:45 | category:    中島京子 |
# スポンサーサイト
| - | - | 14:45 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bird8823.jugem.jp/trackback/1004
トラックバック
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links