隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# パノララ
評価:
柴崎 友香
講談社
¥ 1,944
(2015-01-15)

JUGEMテーマ:小説全般

 パノララ / 柴崎友香(講談社)
 
 評価 ☆☆☆


二八歳の「わたし」(田中真紀子)は友人のイチローから誘われ、
彼の家に間借りすることにした。
その家は変な家で、私の部屋はガレージのうえにある赤い小屋。
イチロー父の将春は全裸で現れるし、母は女優、姉と妹も一癖ある人ばかり。
そんなある日、イチローは
「自分はおなじ一日が2回繰り返されることがたまにある」、と私に打ち明けるのであった。




(感想)

同じ日が2回繰り返されることがたまにある「イチロー」、
ワープできる「文」、電話が来ると相手の顔と表情がわかる「絵波」。
それぞれ特殊な能力を持った兄弟の家に間借りすることになった私・「田中真紀子」。
彼らの1年間を描いた作品です。

常識では理解できないようなおかしなことが起きているにもかかわらず、
それをわりと素直に受けとめる人達・・・なんとも不思議なお話でした。
彼らがそれを受け入れるから読者もすんなりと受け入れてしまう。
そして物語がとにかく淡々と流れていく。
グイグイと引き込まれるようなものでもなく、すっごい面白いわけでもない。
でも、な〜んとなく読ませる魅力のある作品??

すっきりとしなかったのは、すべてに対する「理由」が何一つ明らかになってないこと。
なぜ、この家の兄弟は特殊な能力を持っているのか?
それをなぜ、真紀子も体験してしまったのか?
真紀子の両親はなぜ、ああなのか?
すべてがぼんやりとしたまま。
読後に残る「?????」が消火できずに悶々としています。
白黒つけたいタイプの人には絶対オススメできない作品ですw

それにしても「田中真紀子」と「イチロー」って・・・・w
登場人物にここまでキョーレツな名前を付ける意味あった??
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:41 | category:    柴崎友香 |
# 青空感傷ツアー
青空感傷ツアー
青空感傷ツアー
柴崎 友香
青空感傷ツアー/柴崎友香
河出書房新社
1365円
評価 ☆☆
失業中で面食いで僻みっぽくて優柔不断な主人公・芽衣。
芽衣に“自分が接している世界にこんなきれいな子が実際にいることに感動した”と言わしめた究極の美女・音生。
失業女(芽衣)と失恋女(音生)の傷心旅行物語。



(感想)
ちょっとした友人に過ぎなかった二人が3年ぶりに再会し、
音生に振り回される形でトルコ・四国・沖縄と旅飛行機をするのなかで、
二人が次第に親友になっていく過程を描いています。

誰もがふりむく美人で、わがままに思えるほどに素直な音生。
一見、同性に嫌われそうなタイプだけど
いつしか音生にたまらなくひかれている自分に気づきました。

しかし、音生・・・
このキャラクターだけに頼っている作品なんですよね。
正直、話の流れとしては面白いものではなく、
読者も芽衣と一緒に音生に振り回される・・・それが心地よいだけ汗
読後に何も残っていない。
まさに「音生ありき」な作品でした。


●この本が好きな人におすすめなのは・・・
逃亡くそたわけ/絲山秋子
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:40 | category:    柴崎友香 |
# いつか、僕らの途中で
いつか、僕らの途中で
いつか、僕らの途中で
柴崎 友香, 田雜 芳一
いつか、僕らの途中で/柴崎友香
ポプラ社
1260円
評価 ☆☆☆
書いた手紙メールが相手にまだ届いていない、空白の時間・・・。
その間にも、手紙が届くはずの相手が普通に暮らせてることは、
なんて幸せなことなんだろう――。
京都と山梨、二人を繋ぐ「往復書簡」ストーリー。

(感想)
全ページにデッサン風のイラストが入っていて、
まるで大人のための絵本ムード
雰囲気が柔らかく、
お互いを想う気持ちの安定と誠実さが伝わるイラストです。

好きな人を想い、季節の風を受けながら穏やかな気持ちで手紙を書く。
あたたかい陽射しに包まれて、愛する人からの手紙を読む――。
ささやかだけど、とても贅沢な時間を切り取った本。
離れていても心はいつも近くにある二人――、
読んでいる私まで満ち足りた気持ちになりました。

唯一気になるのは、
20代のカップルの手紙にしては視点も文章も老成してるとこあせあせ
若いわりに熟年(あるいは老人)の落ち着きが・・・。

うん、けどまぁ、これは雰囲気を味わう作品だし、
細かいことは考える必要はないのかも。

●この本が好きな人におすすめなのは・・・
錦繍/宮本輝
| comments(2) | trackbacks(1) | 12:32 | category:    柴崎友香 |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links