隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 座禅ガール
評価:
田口ランディ
祥伝社
¥ 1,598
(2014-03-11)

JUGEMテーマ:小説全般

座禅ガール / 田口ランディ(祥伝社)

評価 ☆☆☆



本当の自分が見つけられない30代無職女子と
悩みを捨てきれぬ40代女流作家の不思議な出会い。
「恋愛」「容姿」「家族」…尽きせぬ煩悩に効く物語。


ここに描かれる煩悩は女性なら誰でも心当たりがあるであろうもの。
深く、大きく、重い話でありながらも意外に軽いタッチで綴られ、
まるでライトノベルかのようにスイスイと読めます。
けど、読後に残るものはずっしりと重いです。

心は煩悩だらけ。乱れに乱れてる。でも、それは当然のこと。
まずはそれに気づく。それがとても重要なこと。
そしてじっくりとそんな乱れた自分を観察する。そこからすべては始まる・・・。

ううーーん、書いてあることには共感できるけど、
そこへ心を持っていく手段としての「座禅」という行為にはちょっと疑問符をつけたくなる。
なぜそこで「座禅」なのかまではうまく描き切れていなかった気がするのは私だけだろうか?

哲学的なことよりも、恋や人間関係の苦しみを言いあてられるような箇所の方が
心にスーッと入ってきたように思います。
    私が苦しいのは、一緒に登っていたはずの恋愛のはしごを、
    いきなり相手からはずされたことだ。
    恋は欲望のゲームだから、先に降りて、先に落ちた方の勝ち。

このへんなんかは誰もが身に覚えがある感情だろうし、なるほどと納得。
「座禅」だとか「カルマ」だとか難しく考えることはなく、
日常的な感情に訴えてくる部分も多い作品です。
肩ひじ張らずに手にとってみるのがいいでしょう。
とりあえず心と体を一体にすることを心がけたい。まずは姿勢!!!かな?ww

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:52 | category:    田口ランディ |
# ひかりのメリーゴーラウンド
ひかりのメリーゴーラウンド
ひかりのメリーゴーラウンド
田口 ランディ
ひかりのメリーゴーラウンド/田口ランディ
理論社
1260円
評価 ☆☆☆☆☆
人は必ず、死ぬ。
けど死は終りじゃなく、別の世界に旅立つだけのこと。
この世界の優しさ、魂の軌跡を描くキレイな純愛小説。


(感想)
ヤングアダルトを対象に書いたもののせいか、
これまでのランディさんに比べるとアクがなく、
広い視野を持つ優しい眼差しを感じましたぴかぴか

お互いに好き合っていることを確認したばかりの中学生カップルに
突然訪れた悲劇は...彼の闘病と死。

決して泣かせる純愛小説ポロリではなく、
若い人にも受け入れやすい言葉で「死とは何か」を教えてくれます。
ここで語られてる死生観は私のそれととても良く似てました。
もちろん、愛する人との死別は耐えがたい悲しみです。
でも、この本が伝える形での死を理解していれば、
その永遠と思える悲しみはしばしのお別れととらえることができる。
生きるということはこの世界での修行なのではないでしょうかニコニコ

私も中学生の頃に、
この本に出会いたかったなあせあせ

●この本を好きな人におすすめなのは・・・
「High and dry (はつ恋)」/よしもとばなな
幸福な食卓/瀬尾まいこ
世界の中心で愛を叫ぶ/片山恭一
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:49 | category:    田口ランディ |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links