隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 私の嫌いな10の人びと
私の嫌いな10の人びと
私の嫌いな10の人びと
中島 義道
私の嫌いな10の人びと/中島義道
新潮社
1260円
評価 ☆☆☆☆
笑顔楽しいの耐えない人、
みんなの喜ぶ顔が見たい人、
ケンカむかっが起こるとすぐにとめようとする人・・・・・
「いい人」の鈍感さが私には我慢できない怒りマーク
現代日本人が好きなタイプの「いい人」ばかりを
徹底的にとりあげる。

(感想)
これは少数派の意見も汲み取った
本当のことしか書かれていない本。

慈善事業やボランティア活動。
実はあまり好きじゃない、何か違うと思っている人はいませんか?

中島さんの言っていることは、
誰もが思っているけど言えないこと」。
だから読んでいると気持ちがいい。
私たちが言いたくても言えないことをズバッといってくれて痛快ですチョキ

今回、
長年彼の本を読んで感じていたギモンであった
「なぜ、中島義道は嫌われないのか?」がはっきりわかる記述もあり、
胸がす〜っとしました(笑)

中島さんは絶対に子供赤ちゃんを育てたり、
あたたかい家庭を作ることはできないでしょう(事実、そうなってるし)
この人の生き方を尊敬したり、
教訓を得ようとするのは絶対にお勧めできません。
でも、こんな考えができて、
こんな価値観の人がいるんだと知る意味でもすごく面白い。
正義も善意もは中島さんにかかれば「悪」になり得るんです!
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:16 | category:    中島義道 |
# 私が嫌いな10の言葉
私の嫌いな10の言葉
私の嫌いな10の言葉
中島 義道
私の嫌いな10の言葉/中島義道
新潮文庫
420円
評価 ☆☆☆☆
相手の気持ちを考えろよ!
人間は一人で生きてるんじゃない!
おまえのためを思って言ってるんだぞ!
もっと素直になれよ!
こんなもっともらしい言葉をのたまう大人が、
吐き気がするほど嫌いだどんっ
精神のマイノリティに放つ反日本人論。

(感想)
中島さんが忌み嫌う10の言葉について、嫌いな理由を改めて探求してみる本。
人間関係を円滑に進めていくためも社会での暗黙のルールも
中島さんにはまったく通用しない。
これこそが彼がこの日本を「生きにくい」と感じてしまう確固たる理由に間違いないんだけど、
依怙地に自分のスタイルを貫く姿勢が彼のいいところラッキー

むちゃくちゃなことを言っているように思えるけど、的は得ている。
間違ったことは言っていない人なんです。
その姿に読者は爽快感を感じるのかもしれない。
いや、尊敬の念すら覚えてるかもしれない。

自分の身の回りに中島義道のような人間がいたらさぞ迷惑だろう。
けど、彼の本を読んでいる分には、私たちに何の実害もない(笑)
だからこそこの本は痛快。
あくまで傍観者としてのぞいて見るような感覚で読んでみましょうよ。
少なくとも私は共感できました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:17 | category:    中島義道 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links