隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# 芽つきのどんぐり
JUGEMテーマ:エッセイ

芽つきのどんぐり / 本上まなみ(小学館)

評価 ☆☆☆


始末屋 → 野菜 → 田舎 → 蚊 → 傘・・・・・
こーんな風にエッセイのタイトルがしりとりになってるんですねぇ。
でもまぁこれ、書く方は縛りがあって大変だけど
読んでる側には別にどうでもいいことですね(笑)

この人の価値観・着眼点、やっぱり好きだわー。
自分のペースをちゃんと持って生きてる人だよね。
自分のだらしないとこやかっこ悪いとこを隠さないのもいい。
さっぱりしてて素敵な人なんだと思う。
遠くに住んでいるのに親戚やいとこと大人になってもいい関係築いて、
全然離れてる感じしないのもすごいなー。
私なんて市内に住んでる親戚ともこんな密な関係築けてない。

本上さんといえば擬態語の天才だと思うんだけど、
今作はその才能が発揮される場面が少なかったかな?
 
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:45 | category:    本上まなみ |
# はじめての麦わら帽子
評価:
本上 まなみ
新潮社
¥ 1,365
(2009-09-01)
コメント:素晴らしい感性と着眼点!やっぱり本上まなみは面白い!

JUGEMテーマ:エッセイ
 ● はじめての麦わら帽子 / 本上まなみ
 ● 新潮社
 ● 1365円
 ● 評価 ☆☆☆☆
ずっと待っていたちいさい人とのバタバタ素敵な毎日。
はじめての散歩、はじめてのドライブ、はじめての旅行・・・。
彼女にとっての「はじめて」は、親にとっても「小さい人とのはじめて」。
妊娠・出産・子育ての話題はもちろん、本上まなみお得意の「へもさ」もたっぷりのエッセイ集。
 


(感想)

今回は妊娠・出産・子育ての話題がメインだけど、
おなじみのへもへも話も健在の楽しくてほのぼのとしたエッセイ集です

お金は十分あるから旅に行けるし、美味しいものを食べにも行ける。
生活レベルはちょっと私達とは違うかもしれないけれど、
マイペースに日々を楽しんで、素敵に生きている人だと思います。
私は幸せって美味しいものを食べたとか、道でかわいい猫とすれ違ったとか、
そういう些細なことの積み重ねだと思っているけど、
この人もそういう価値観を持っているのではないかなと、勝手にシンパシーを感じてしまいました。

通っていた産婦人科の方針にどうしても納得することができなくて、
出産のギリギリまで病院が決まらなかったという出来事も、わかるなぁ。
そういう頑固さって、親として当たり前のこと。
もう、出産する前から、親は親なんだなぁ。

けど、そういう本上さんもいいけど、
ヒトコブラクダとフタコブラクダ、はたして乗るときはどうしたら・・・・なんて、
そんなことを真剣に考えちゃうとこが、同い年の女としては大好きなんですよね(笑)

プロの作家さんと比べても、
本上まなみさんほど擬態語・擬音語を上手に使える人はいません。
そして素晴らしい感性、面白い着眼点。
これまでのエッセイに比べると、視線が優しく感じられるのは
やはり「ママ目線」で物事を見るようになったから?
こういうお母さんに育てられた子供はどんなふうに育つんだろう。
ママから素敵なものをたくさん吸収してね

庭付きの素敵な一戸建てを手に入れた本上さん。
引っ越し魔の彼女はそれでも引っ越しを続けるのでしょうか??
今後も彼女の作品から目が離せません
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:03 | category:    本上まなみ |
# ほんじょの虫干。
ほんじょの虫干。
ほんじょの虫干。
本上 まなみ
ほんじょの虫干。/本上まなみ
新潮文庫
500円
評価 ☆☆☆
女優として以上にエッセリストとしての評判も高い
本上まなみの自由気ままな本読書のエッセイおはな
太陽おてんきが一杯でご飯もおいしいギリシア旅行記は、
プライベート写真カメラや、自筆の可愛いイラストがたっぷり入っていまするんるん
それから、思わず顔がほころぶ自作の短歌もねぴかぴか



(感想)
本上まなみさんの着眼点と感性が好きで、
彼女の本はいつも楽しみに読んでいますニコニコ

この本は前半はギリシア旅行記の「ギリシアで虫干。」
後半が本にまつわるエッセイ「ほんじょの虫干。」という2部構成。

「ギリシアで虫干。」は写真が豊富で、食べ物や動物猫の話題が多。
へもへものんびりしたほんじょ流の旅の楽しみ方は読んでいて楽しい♪るんるん

けど、ほんじょさんの本を他にも読んでいる私としては
「ほんじょの虫干。」はちょっと期待はずれあせあせ
読書の参考になるような本の紹介エッセイかと思いきや、
取り上げられてるのは絵本や料理本、写真集、
日本の名作に入るような域の作品なんですよね〜。
急に関西弁になったり、文体が変わるのは愛嬌なんだろうけど、
少々読みにくい印象も残り、
正直、これはほんじょさんの他の本に比べると落ちる気がします下向き

しかし!解説が中島らもさんというのも今となっては貴重です。
ほんじょさんへの愛ラブがビンビン伝わる魂のこもった解説でした。



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
ほんじょの鉛筆日和。/本上まなみ
ほんじょの天日干し。/本上まなみ
ほんじょの眼鏡日和。/本上まなみ
| comments(0) | trackbacks(1) | 12:24 | category:    本上まなみ |
# ほんじょの天日干。
ほんじょの天日干。
ほんじょの天日干。
本上 まなみ
ほんじょの天日干。/本上まなみ
学研
1680円
評価 ☆☆☆
女優カチンコ・本上まなみ、
今度はカメラマンカメラになる!
友だちに薦められて買った一台のカメラカメラをきっかけに、
「へもカメラマン」となってあちこちで写したものを公開。



(感想)
女優にしておくにはもったいないくらい(笑)、
書ける”女優・本上まなみ。
今度は文章鉛筆2を書くだけでなく、写真カメラまで撮っちゃった!

まぁ、プロではないので
写真の技術的なへもさには目をつむるとして、
その着眼点の良さは相変わらずぴかぴか

全体的に食べ物ハンバーガーや動物豚
植物おはなのネタが多い。
普通ならなかなか目に付かないような
おもしろい写真がたくさんあります嬉しい

特に猫猫
ストーリー仕立てになっていてかわいかったですムード

本上さんの作品に触れていつも思うのは、
穏やかに生きていれば自然や生物の美しさが
無意識に目と心に入って来るんだということ。

心がふと、優しい気持ちであふれてくるというか・・・。
忙しい日々を忘れさせてくれるんですよねぇるんるん


●この本が好きな人におすすめなのは・・・
ほんじょの鉛筆日和。/本上まなみ
ほんじょの眼鏡日和。/本上まなみ
| comments(0) | trackbacks(2) | 12:04 | category:    本上まなみ |
# ほんじょの眼鏡日和。
ほんじょの眼鏡日和。
ほんじょの眼鏡日和。
本上 まなみ
ほんじょの眼鏡日和。/本上まなみ
マガジンハウス
1365円
評価 ☆☆☆☆
子供の頃の思い出、おいしい食べ物、動物、大好きな本・・・。
あなたの日常にほんじょの視点、
スピード、考え方を加えるとへもい日常のはじまりはじまり猫2
この人だけの癒しのカタチぴかぴか



(感想)
斬新な着眼点と独創的な文筆力が素晴らしい本上まなみさん。
彼女の本読書を読むたびに、
ここまで素敵なエッセイの書ける人が
本職の作家でないということに驚かされます。

かわいらしい擬態語。
みぞれがじゃぶしゃぶ染み込む冬
陽ざしがやりやり照り付ける
他の人は絶対に使わないような言葉を用い、
しかも説得力があるからスゴイニコニコ
これらはきっと考え込んで生まれた言葉ではなく、
彼女の類まれなる観察力で感じ取ったことを
言葉にしただけなんだと思います。

彼女の大切にしていることは、
ほんとうにささいな日常の出来事ばかり。
何もないような毎日の生活の中でも、
嬉しい、楽しいと感じられることは沢山あるはずなんだ。
本上さんのように、そんなことに敏感になれたら
毎日がもっともっと幸せに過ごせるような気がします嬉しい

星を4つにしたのは、
今回は写真カメラがまったくなかったからです。
本上さん、面白い写真をいっぱい撮ってるはずなので
少しは公開して欲しかったですポロリ



●この本を好きな人におすすめなのは・・・
ほんじょの鉛筆日和。/本上まなみ
ほんじょの天日干。/本上まなみ
本当はちがうんだ日記/穂村弘
| comments(0) | trackbacks(2) | 14:30 | category:    本上まなみ |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links