隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# クラウドガール
評価:
金原ひとみ
朝日新聞出版
¥ 1,512
(2017-01-06)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 クラウドガール / 金原ひとみ(朝日新聞出版)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

姉妹にしか分かりえない、濃密な共感と狂おしいほどの反感――。
刹那にリアルを感じる美しい妹・杏と、規律正しく行動する聡明で堅実な姉の理有。
二人が「共有」する家族をめぐる「秘密」とは?


 

(感想)

 

んー、結局何が真実なのかも、誰を信じたらいいのかもわからず、

スッキリしないままに終わっちゃったけど、読ませる力がある。

文章、やっぱり若い作家さんでは断トツにうまいです。

ゾクゾクするような描写、たくさんありました。

でも品がないし、今の若者っぽすぎるから好き嫌いがはっきり分かれる作家。

もうちょいリアルな庶民のステージに降りてきてくれれば、

読書層も広がるんだろうけど、

そんなのは金原ひとみじゃないもんね。

この人には将来的に山田詠美みたいな作家になってくれることを期待しています。

 

理有と杏の姉妹は正反対のタイプに思えるけど、

母親という存在に飲み込まれ、心の中に抱えてるものはまったくおんなじ。

「そして気づくと私も母と同じように、誰とも溶けあえない人間になっていた」という一文がすべてを語っていると思う。

ぎこちない形でしか人と混じりあえない人間というのは、

どんな環境でどんな人と過ごしてきたかによって出来あがるものです。

けどそれを言い当ててくれたり、健全な形でグイグイ来てくれる人がそばにいれば

人はきっと変われる。

最終的に二人ともモヤモヤを吐き出して、ほんの少し解放された気はしました。

いい方向へ進んでいけるといいな。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:49 | category:    金原ひとみ |
# 軽薄
評価:
金原 ひとみ
新潮社
¥ 1,512
(2016-02-26)

JUGEMテーマ:小説全般

 軽薄 / 金原ひとみ(新潮社)

 評価 ☆☆☆


十代の終わりに、ストーカーと化した元恋人に刺された過去を持つカナ。
29歳のいま、裕福な年上の夫と幼い息子、
仕事での充足も手にし、満たされた日々を送っていた。
そこに、アメリカから姉一家が帰国。
未成年の甥から、烈しい思いを寄せられる・・・・。
空虚への抗いと、その果てにある一筋の希望を描く渾身の長篇小説。



(感想)

一言で言ってしまえば「未成年の甥と不倫しちゃう人妻のハナシ」。
主人公と甥がパーティに行くあたりまではたしかに面白かった。
だけど、その後の展開が急ぎ足、かつおさまりの悪い展開はちょっと残念。
でも、文章力にグイグイと引っ張られて、
危うい世界観をたっぷり堪能した感じです。

主人公の本心はどうなのかはっきり書かれていないのに、
それでも彼女の考え方・生き方は伝わってくる・・・。
彼女のことは好きじゃないし、甥との恋も応援しないけど、グッと来るものはあった。
そんな金原ひとみの文章が好きなんだよな〜。
文章にも世界観にも品はないけど、毒と危うさに「美しさ」がある。
私は明確なカラーがあり、そっから決してブレない作家は信じられるから好き。
この人もそういうタイプの作家だよね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:00 | category:    金原ひとみ |
# 持たざる者
評価:
金原 ひとみ
集英社
¥ 1,404
(2015-04-24)

JUGEMテーマ:小説全般

 持たざる者 / 金原ひとみ(集英社)

 評価 ☆☆☆☆


僕はどこだが分からないここにいる―修人。
全ての欲望から解放された、いや、見放された―千鶴。
人生とは結局、自分自身では左右しようのないもの―エリナ。
きっと、私がここから別の道を歩む事はないだろう―朱里。
他者と自分、世界と自分。絡まり合う、四者の思い。思いがけない事故や事件。
その一瞬で、ねじ曲がる。平穏な日常が、約束された未来が。
混沌、葛藤、虚無、絶望。四年ぶりの傑作長編小説。



(感想)

金原さんの本、ずいぶん久しぶりに読んだのですが、
まるで別人かと思うくらいに大人になられた印象です。
以前はやたらと自我の強さを感じる作家だったけど、他者を見守る視線がそなわった?
母となり、あの震災があり、
それらの体験が彼女を成長・変化させたのが如実に感じられます。
特に4人の主人公のうち、
エリナは金原さん自身を重ね合わせているのかもしれません。

あることがきっかけで、人生がガラっと変わってしまった4人。
4人とも裕福だし、なんとなく鼻につくところもあるのだけど、
みんなが気付かないふりをして目をそむけたくなるような問題に真摯に向かう人達だった。
物事は考えすぎると実際以上に深刻化してしまうことが多々ある。
「自分が!」「自分は!」と思いすぎることなく、
他者のことも踏まえた広い視線で物事を見つめられるようになれたらいいなぁ。
私も自意識が強く、
自分の考えにまっすぐなタイプなので思うことも多かったですw

4つの中で最後に収録されている朱里の物語がいちばん身近で生活感があり、
親近感のわく話でした。
これがいちばん面白いんだけど、
これだけが金原ひとみらしくなくて、1つだけ激しく浮いてるのも事実。
最後の最後でバランス悪くなっちゃったのが残念です。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:54 | category:    金原ひとみ |
# TRIP TRAP
評価:
金原 ひとみ
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,470
(2009-12-25)
コメント:母になって丸くなった金原ひとみ。間口の広い作品を書くようになった気がします。

JUGEMテーマ:小説全般
 ● TRIP TRAP / 金原ひとみ
 ● 角川書店 
 ● 1470円
 ● 評価 ☆☆☆
15歳の私は年上の彼氏の寮に転がり込んで、誰にも見つからないように息の詰まるような生活をしていた。
17歳になった私は親友と沼津の別荘へ行き、ナンパしてきた男の子たちとひと夏の軽い思いで作り。
日常から逸脱した旅の果てにあるものとは?
研ぎ澄まされた描写が光る、著者新境地の最新作!
 


(感想)

中学生のうちから年上の男と同棲していたマユという女の子が
少女から妻・母へと成長していく姿を、旅先での出来事を切り取る形でつづっていく連作短編集です。
「旅」って日常とは違うもの。
マユの日々の生活を描くのではなく、非日常から彼女の成長をつづるなんて斬新!

金原ひとみさんって新しい物を書くたびに丸くなっていくような気がします。
これまでの金原作品の中では格段に読みやすい!
ここままいけば読者の層も広くなると思う。
彼女を苦手と判断した読者も戻ってくると思う。
大人になり、母になったことで、見えるものも変わってきたんでしょうね。
作家としてだけでなく、人としての成長まで感じられる作品でした。

・・・けど、母になっても私は私。
ゆらぐことのない自我も色濃く感じる。そこが彼女の持ち味ですよね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:04 | category:    金原ひとみ |
# 星へ落ちる
星へ落ちる
星へ落ちる
金原 ひとみ
JUGEMテーマ:小説全般

星へ落ちる/金原ひとみ
集英社
1155円
評価 ☆☆☆
ひとつの恋がはじまった。
しかし、2人にはそれぞれ別の恋人がいる。
元彼の部屋を出て、「彼」と付き合い始めた「私」。
「彼」が女と浮気をしていると知り、自殺を考える「僕」。
突然去った「彼女」を待ち続ける「俺」。
愛するほど孤独になる、三人の絶望と激情。



(感想)
つきあいはじめたばかりのカップル。
しかし二人にはそれぞれ恋人がいる。
彼女には彼氏が、そして彼にも彼氏が・・・。
この四角関係の唯一の女性である主人公と、
捨てられてしまうことになる2人の男性失恋
3人の視線で描く連作短編集です。

3人はそれぞれ見えないライバルの影におびえている。
もうこれは恋愛というよりは依存に近く、読んでいて痛々しい。
恋愛小説ラブなのに恋の喜びや幸せはまったく感じないあせあせ
恋愛って相手があるから難しい。
好きになればなるほど、気持ちは穏やかなものではなくなって
危険な方向へ向かっていく。
これは自然にあり得ることだから余計に痛い。

3人の気持ちは描かれているのに、
四角関係のもうひとりの人物に関しては
何を考えているのかまったく描かれることはない。
みんなコイツのせいで苦しんでいるのにどんっ
もどかしいムニョムニョ
でも一人、そういう人がいるのも想像力が刺激されて、
演出としては面白いよね。

自分が好きになった人も、
自分を好きになってくれる確率なんて
よく考えて見れるとすごーい奇跡なんだポッ
それに改めて気づきました。

このテーマと描き方って、
この人の作品の中では最も一般の理解を得やすそう。

でもやっぱりどうしたって「金原ひとみらしさ」って消えない。
この人の描く主人公は
いつも同じ人なんじゃないか?って思わせるほどみんな似ている。
それだけでなく、金原ひとみ自身にそっくり!!
著者を知らずに読んだとしても、
おそらく私は金原ひとみだってわかってしまう。
これっていいことなのか、悪いことなのか・・・。

あ!
金原さんが男性視点の作品を書くのは
はじめてなんじゃないかな?
JUGEMテーマ:恋愛小説


| comments(0) | trackbacks(0) | 11:14 | category:    金原ひとみ |
# ハイドラ
ハイドラ
ハイドラ
金原 ひとみ
ハイドラ/金原ひとみ
新潮社
1260円
評価 ☆☆☆☆
写真家の専属モデルであり、私生活でも密かに同棲をつづける早希。
だが人形のような無機質さを求める男との暮らしに、次第に蝕まれてゆく。
そんな早希の前にその閉ざされた部屋から彼女を引き出そうとする
翳りのない男が現われるが……。
堕ちてゆく痛みと無垢な愛への希求、自身への冷徹な眼差し。
クールさと瑞々しさを湛えた、新境地を拓く傑作長篇。




(感想)
自分とは絶対合わない。だからこそ気になる。
私にとって金原ひとみってまさにそういう人で、著作は残さず読んでます。
私なら絶対に描けない、
想像すらし得ない物を読ませてくれるんですよね〜。

写真家カメラの専属モデルであり、私生活でも密かに同棲をつづける早希。
人形のような無機質さを求める男との暮らしに次第に蝕まれ、
自己も人間らしさも失っている女の子。

ある日、彼女の前に現れた男性が
光の見える真っ当な世界へ導いてくれようとする。
彼は「食べることハンバーガー」「笑うことわーい」の当たり前さを気付かせてくれ、
明るく笑う早希こそを愛してくれる。

噛んでは吐いてを繰り返し、当たり前の食を営むこともできず
写真家との生活とモデルの仕事にがんじがらめ。
無機質で異様な雰囲気を放ってしまうほど人間らしさを失っている早希。
たとえそれが人として自然な方向であって、進みたい気持ちが小さくあるとしても、
ここまで堕ちてしまうと軌道を修正することは難しいのだろうか?
最後の早希の選択・・・その歪んだ意思の強さに愕然としてしまいます。
戻れない道・・・こんなことに意思の強さを見せてしまう人間の弱さが悲しいあせあせ

金原ひとみの本は新刊が出るたびに
以前より読みやすくなったと感じさせられる。
一般の人が引かないギリギリのボーダーラインを
著者自身がわかってきたということなのかな?
でも、もうそろそろ
これまでとは全く違う世界を描く金原ひとみも見てみたいよたらーっ
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:12 | category:    金原ひとみ |
# AMEBIC
AMEBIC
AMEBIC
金原 ひとみ
AMEBIC/金原ひとみ
集英社
1260円
評価 ☆☆☆
さあ私の太陽神よ舞い上がれ 安宿に泊まる私を照らせ。
パソコンPCの画面に残された、支離滅裂な「錯文」。
これを書いたのは私?
それとも私ではない私なの?
孤独と分裂の果てに「私」はそれを「彼」に伝えようと…。


(感想)
「彼に何か言い訳すること、それは何だか、
 自分自身に対して言い訳をしているような気がした」

この一文を読んで、もしかしたらこの小説自体が
金原ひとみの≪言い訳≫なのかもしれないと思いました。

前作の「アッシュベイビー」では作品の良し悪しや作家としての力量を超え、
人間性を批判されるが如く、叩かれまくりましたよね。
私も「アッシュベイビー」を厳しく評価した一人です。
アブノーマルな「蛇とピアス」で注目され、
アブノーマルで過激な作風から引っ込みがつかなくなった・・・と思いましたが、
そんな世間に対する≪答え≫が「AMEBIC」だと思うんです。

主人公は意識が朦朧とするほど錯乱することがあり、
そうなったときは決まってパソコンに文章鉛筆2を書き残すという癖があります。
その文章はまるで正常な意識ではとても浮かばないような、
のた打ち回るような精神の叫び・・・。

「AMEBIC」はまるで私小説のような印象を受けます。
主人公の作家という職業も、
骸骨かと思うほどやせているという点も金原さん自身と重なります。
主人公の中に写る孤独な影も、彼女自身の闇なのかもしれません。

彼女のこの言い訳をどう受け取るか・・・。
私としては、自分と金原さんはまるで対極にいるような人間なのかなと思いつつも、
「アッシュベイビー」を読んだときのような
激しい怒りや嫌悪は和らいだような気がします。

むしろ、彼女の次作を楽しみに待っていてあげようかなくらい
寛大な気持ちも芽生えつつあります。
そんな期待を込めて次作に期待します猫2
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:52 | category:    金原ひとみ |
# アツシュベイビー
アッシュベイビー
アッシュベイビー
金原 ひとみ
アッシュベイビー/金原ひとみ
集英社
1050円
評価 ☆
赤ん坊、変態、好きな男。
主人公アヤはこの三人に囲まれ、ただひたすらに愛しい死を求め続ける。
愛しい死、それは愛する人の与えてくれる死。
彼女は今日も死を待っている・・・。

(感想)
読後に残ったのは不快感だけでしたショック
愛がほしいとひたすらに渇望する孤独感。
友達も軽くつき合える男たちもたくさんいるけれど、
だけど本当の愛は持っていない・・・

こういう主人公を描く小説読書って最近とても多いです。
まるでこれが≪現代の若者の実状≫とでもいいたいの!?と疑ってしまうほど、
このテーマはありふれています。

しかし「アッシュベイビー」はそれにとんでもないものを絡めてきた。
抵抗することのできない小さな命や動物を、
徹底的に痛めつけることでそんな気持ちを埋め合わせようとしたのだ。
しかも最もサイテーな大人しか使えない一番卑劣な手段を使って・・。
これではどうしたって世間一般の評価は得られるわけがない。

今は芥川賞作家という強力な看板が彼女を後押ししているけれど、
この作風を続けてしまったら、いつか読者は離れていくと思う。
芥川賞を受賞して有名になりすぎてしまったことで
彼女はアブノーマルで過激な作風から引っ込みがつかなくなってしまった。
今後はどんな作品を書くのだろう!?

それにしても、
コレを単純な大人たちに≪今の若者の意見を代弁している≫と解釈されたら大変だモゴモゴ
彼女は若者の代弁者でも何でもない。
私たちには理解のできない人だ。
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:18 | category:    金原ひとみ |
# 蛇にピアス
蛇にピアス
蛇にピアス
金原 ひとみ
蛇にピアス/金原ひとみ

1260円
評価 ☆☆☆
ピアスの拡張にハマっていたルイは、
「スプリットタン」という二つに分かれた舌を持つ男アマと出会う。
彼の影響を受け、自分も舌にピアスを入れるルイ・・・。
暗い時代を生きる若者の受難と復活の物語。

(感想)
舌にピアスを入れる痛々しさどんっ
そしてその穴をさらに拡張していく痛み泣き顔
背中に刺青アートを入れる痛み。
・・・とにかく「痛そう」な場面が多く、
私はこれを読んで何度顔をしかめただろう。

そして痛みと同様にセックスの快感やビールビールの苦味とうまさ、
いろんな感覚が刺激される作品ではありました。

だけど、読後には何も残らない。

ルイが今度どうなっていくのか心配あせあせなので、
もし続編が出れば読むとは思うけど。

芥川賞で話題になった作品だけど、
テーマとしての目の付け所がおもしろかっただけで作家としての技量はまだまだ!
賞レースでは負けたことになっているけど、
さりげない内容もしっかり作品としてまとめられる島本理生の方が能力は上だと思う。

●この本が好きな人におすすめなのは・・・
生まれる森/島本理生
蹴りたい背中/綿矢りさ
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:54 | category:    金原ひとみ |
# オートフィクション
オートフィクション
オートフィクション
金原 ひとみ
オートフィクション/金原ひとみ
集英社
1365円
評価 ☆☆☆☆
私の職業は作家。22歳。
オートフィクション(自伝的小説)を書き始め、
22歳、18歳、16歳、15歳・・・とそれまでの人生を振り返ってみる。
私はどんな過去を殺し、
過去は私の中にある何を殺したのだろう?

(感想)
金原さんの本はデビューから全部読んでます。
やっと彼女を理解し、作家として認めたのは前作の「AMEBIC」。
今回の「オートフィクション」も確かな成長を感じさせる本読書でした。
若い故の勢いだけで突っ走っていない、大人の分別が見える。
読者を不快にさせないエロスの書き方も備わってきてると思います。

これまでの作品にも共通して言えるのは、
金原さんはただひたすらに愛情を渇望しているんだな、ということ。
どの作品の主人公にも金原さんの面影が見え、
愛が欲しくて欲しくて、それゆえに傷つき堕ちていく切なさ・・・ノーノー
きっと金原ひとみの愛し方そのものがこうなんでしょう。

オートフィクションと名づけられたこの作品。
果たしてどこまでが
金原さん自身のオートフィクションなのかはわからないけど、
彼女の求めるもの、
心の叫びどんっを理解させる強さのある作品ではありました。

●この本が好きな人におすすめなのは・・・
平成マシンガンズ/三並夏

| comments(2) | trackbacks(1) | 17:43 | category:    金原ひとみ |
Selected Entry
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links