隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 花野に眠る 秋葉図書館の四季
JUGEMテーマ:小説全般

花野に眠る 秋葉図書館の四季 / 森谷明子(東京創元社)

評価 ☆☆☆☆


れんげ野原のまんなかにある秋葉図書館は、いつでものんびりのどか。
新人司書の文子の仕事ぶりも、どうにか板についてきた。
そんななか、図書館のお向かいの日向山から突然、白骨死体が・・・。
本を愛してやまない人の心をくすぐる、やさしい図書館ミステリ!




(感想)

「れんげ野原のまんなかで」の続編です。
私がこの本を読んだのは2006年1月。
れんげそう畑に囲まれた静かな図書館が舞台♪
もうそのシチュエーションだけで本と花が好きな私はこの本が気にいりました。
大好きな作品として今も鮮明に記憶に残っているし、
当時のレビューにも「ぜひ続編を!」と書いていたので実現したのがとても嬉しいです。

物語が進むにつれ、悲しくもまっすぐな1人の人物の人生が浮かび上がってきます。
自分のできる範囲で精一杯に生きているのに、
少しでも人と違う・劣っている部分があると平凡な幸せすらも許されない。
だけどそんな報われない人でも、
強い想いというものは永遠に色褪せず、受け取った人・向き合った人の心に残る。
「人を想う気持ち」が心にしみました。

残念だったのは、前作から感じていた「登場人物のキャラクターの甘さ」。
当時のレビューにも「続編があれば、もう少し人物をしっかりと描いてほしい」と書いていたけど、
前作からの登場人物・図書館のスタッフ3人に限ってはそれは改善されてなかったと思う。
いい3人組だとは思うんだけど、もう少し深く描き込めなかったのでしょうか・・・・。
とにかく主人公に魅力がない。これは致命的。うーん。もったいないなぁ。

図書館が舞台の作品だけあって、作中には実在する本がたくさん登場します。
そのなかでも「ある子馬裁判の記」はぜひ読んでみたいです!
そして辰巳芳子さんの本も少し前にかなり話題になった本だし、チェックしなきゃ〜〜。
こんな風にこの本からまた、別の本と出会う機会をもらって・・・それもまた素敵なことですね。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:28 | category:    森谷明子 |
# れんげ野原のまんなかで
れんげ野原のまんなかで
れんげ野原のまんなかで
森谷 明子
れんげ野原のまんなかで/森谷明子
東京創元社
1575円
評価 ☆☆☆☆
市のはずれもはずれ、
ススキばかりがおいしげる斜面のど真ん中にたつ秋庭市立秋葉図書館が文子の仕事場だ。
無類の本読書好きである先輩たちと、
日がな一日あくびをしながらお客さんの少ない図書館で働いている。
ところがある日を境に、
職員の目を盗んで閉館後の図書館に居残ろうとする少年たちが次々現われた。
いったい何を狙っているのか・・・?



(感想)
お客さんがあまり来ない、静かな図書館の日常に起こる
ミステリーを綴った連作短編集です。

まずはそのシチュエーションに心が動かされましたニコニコ
私たち本読書好きが愛してやまない図書館。
はじめはススキの生い茂る場所にぽつねんと建っていたけど、
周囲にれんげそうおはなを植えて、
図書館のまわりは名所となるほどのれんげ畑になっていくのですハート大小

もうこれだけで引き付けられませんか猫2(笑)

綴られるミステリーは、本当にどれもちょっとしたもので
謎解きの爽快感を感じられるほどではないのですが、
四季の移ろいが美しく描かれていて
読んでいて気持ちのいい作品です。

人物描写の浅さは気になるけれど、
とても素敵な作品。

ぜひ続編を書いてもらって、
人の深みを描きこんでほしいと祈っていますウィンク



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
時計を忘れて森へ行こう/光原百合
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:41 | category:    森谷明子 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links