隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# AX アックス
評価:
伊坂 幸太郎
KADOKAWA
¥ 1,620
(2017-07-28)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 AX アックス / 伊坂幸太郎(角川書店)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆☆

 

最強の殺し屋は―恐妻家。

「兜」は超一流の殺し屋だが、家では妻に頭が上がらず、一人息子の克巳もあきれるほどだ。

兜がこの仕事を辞めたい、と考えはじめたのは、克巳が生まれた頃だった。

引退に必要な金を稼ぐため、仕方なく仕事を続けていたある日、

爆弾職人を軽々と始末した兜は、意外な人物から襲撃を受ける。

こんな物騒な仕事をしていることは、家族はもちろん、知らない。

『グラスホッパー』『マリアビートル』に連なる殺し屋シリーズ最新作。

 

 

 

(感想)

 

伊坂幸太郎さんの作品はいつも間違いなく面白いんだけど、

そのスタイリッシュなかっこよさが田舎者の私には気恥ずかしく感じられることがあるのも否めません。

しかし今作はスタイリッシュなかっこよさはないww 

殺し屋だって、家庭に戻ればフツーのお父さん。

しかも奥さんにまーったく頭があがらない恐妻家ときたもんだっ!

殺し屋というハードボイルドな世界とユーモラスでのんびり〜とした家庭での風景のギャップが楽しくて、

いつもとはちょっと違った伊坂ワールドを楽しめました。

世のお父さんたちは相当共感できるはずです!!

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:18 | category:    伊坂幸太郎 |
# ホワイトラビット

JUGEMテーマ:小説全般

 

 ホワイトラビット / 伊坂幸太郎(新潮社)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。

SITが出動するも、逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。

息子への、妻への、娘への、オリオン座への(?)愛が交錯し、

事態は思わぬ方向に転がっていく――。

・・・あの泥棒も登場します。

 

 

 

感想)

 

相変わらず小気味が良く、スタイリッシュな作品でした。

田舎者の私はちょっとこそばゆく感じる独特のおしゃれ感も健在ですww

小さな伏線がたくさん散りばめられ、

最終的にはすべてのパーツがきれいに1つにおさまる気持ち良さはたまらない!

さらに時系列をも飛び越えて、面白いけど気を抜けない緊張感もあります。

伊坂さんの作品は作者名を伏せて読んだとしても誰が書いたかわかるほど個性があり、

確固たる伊坂ワールドを構築していると思います。

 

けど、いい意味で「伊坂さんすぎる」のが逆に面白みがないかなぁ。

面白いし、さすがだとは思うけど、新鮮味はないんですよね。

この感想にしたって、

別の伊坂作品でも書いたことあるようなこと書いてる気がしますもん。

贅沢なこと言ってるのは重々承知ですが、もう少し何か新しい伊坂さんが見てみたい。

そろそろこの手法だけでは飽き始めてる読者も私だけではないでしょう。

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:12 | category:    伊坂幸太郎 |
# サブマリン
評価:
伊坂 幸太郎
講談社
¥ 1,620
(2016-03-30)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 サブマリン / 伊坂幸太郎

 

 評価 ☆☆☆☆☆

 

『チルドレン』から、12年。

家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと罪と罰の物語。

 

 

 

(感想)

 

「チルドレン」の続編。あの陣内が帰ってきましたww

 

めんどくさいけど、憎めない。

無神経に見えるけど、実はそうじゃない。

陣内ほど人の懐にスッ〜っと入っていける人もなかなかいません。

少年犯罪という重いテーマを描いた作品なのに、

ウェットに富んでて軽く読めるのは、陣内のキャラのおかげ?

さすが伊坂さんです。

(からあげとフロントガラスの件は声を出して笑ってしまいましたw)

 

伊坂さんといえば物語の中に細かな伏線をたくさん散りばめておいて、

それを見事に回収していくのが読んでて小気味いいのがウリの作家さんだけど、

今回はそういうのは少なめ。

いつもの伊坂作品よりリアリティのある事件を描くことで、

読者に身近な感覚も与えます。

やろうとしてやったのか、そうでないかによっても感じ方は違うし、

故意の犯行だとしてもその動機に同情の点があれば「犯罪を犯した=悪」とは一概に言えない。

そういった人間の感情的な部分に訴えてくる作品でした。

 

ただし、この物語の軸となる交通事故の被害者は中年男性だったのですが、それに対して

「早朝に起きた事件だったからよかったものの、

 時間が時間ならば通学途中の子供たちが巻き添えをくらったかもしれない。

 そうならなくてよかった」というニュアンスの会話が何度か出てきたのは気になります。

同じ命なのに中年のおっさんの命より子供の命の方がいたましいみたいな、

そういう考えが私はもともと大嫌いなのです。意味がわからないので。

こういうセリフが何度か出てきたのは不快でした。

 

優子さんの「陣内君は結構もてるんだよ」という発言も気になりますね。

陣内ってどんな恋愛するんだろww

もし次回作があれば、ぜひそっち方面のエピソードも織り交ぜていただければ・・・w

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:37 | category:    伊坂幸太郎 |
# アイネクライネナハトムジーク
評価:
伊坂 幸太郎
幻冬舎
¥ 1,512
(2014-09-26)
コメント:アイネクライネナハトムジーク

JUGEMテーマ:小説全般

アイネクライネナハトムジーク / 伊坂幸太郎(幻冬舎)

評価 ☆☆☆☆☆


ここにヒーローはいない。さあ、君の出番だ。
奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、
他力本願で恋をしようとする青年、
元いじめっこへの復讐を企てるOL……。
情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !
伊坂作品ならではの、伏線と驚きに満ちたエンタテイメント小説!



(感想)

短編集のスタイルでありながらも、
実はすべてのお話がつながっているという連作短編になっています。
いろんな要素を少しずつリンクさせて最後にすべてを鮮やかに繋げてみせるというやり方は
伊坂さんのお得意のスタイルですが、
今作は人が死んだり、金や名声のために騙したり、裏切ったり・・・・みたいな「物騒さ」がない。
普通の人達の普通の生活・恋愛を描いているので、親近感を感じます。
日常の小さな幸せや奇跡にほっこり☆
伊坂作品には珍しい「女性向けの伊坂作品」と言えるかもしれません。
少なくとも私にとってはこんなに心穏やかに読めた伊坂作品は他になかったです。
他の作品に比べて刺激が少ないのは確かですが、私にはこれくらいが合ってる気がします。

「この方がどなたのお嬢さんかわかっているのですか作戦」好きだな〜。
なんつー、小気味の良さ!!

そして・・・「斎藤さん」ってあの斎藤さんなのですね!
あとがきを読んでやっと気づきました。
この作品、斎藤さんの音楽も合わせて聞いてみるとより味わい深いものになりそうです。

 
| comments(0) | trackbacks(1) | 14:43 | category:    伊坂幸太郎 |
# 火星に住むつもりかい?
評価:
伊坂 幸太郎
光文社
¥ 1,728
(2015-02-18)

JUGEMテーマ:読書

火星に住むつもりかい? / 伊坂幸太郎(光文社)

評価 ☆☆☆☆


住人が相互に監視し、密告する。
たとえ危険人物とされた人間にギロチンにかけられる―身に覚えがなくとも・・・・。
交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。
この制度が出来て以降、犯罪件数が減っているというが・・・。
そして今年、安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。
そのとき!全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる!



(感想)

テーマがテーマだけに、
これまでの伊坂作品に見られたウィットに富んだ小気味の良さはなし。
前半はあまりテンポが良くないけど真壁鴻一郎という存在がスパイスとなり、
彼が登場したあたりからようやく物語が動き出したという印象でした。

「正義」と「偽善」の違いは何か。
恐ろしい集団心理のなかで、どれだけ自分を保てるか。
読み進めていくうちにテーマが明確になってくると作品の重みもグンと増します。
「困っている人は助けろ」、これは私には至極当然なことのように思えるけど、
「人を助けることができるなんておこがましい」「すべてを助けないことは偽善」・・・・という考えもある。
正義のあり方をつい考えてしまいました。

だけど、この作品に登場するヒーローは深いことも重いことも考えてなくて、
ただ人間としてのあたりまえの感情に突き動かされて行動しただけ。
この単純さもこの作品の魅力だと思います。

伊坂作品は最後の最後で、物語のいたるとこに散りばめられた複数の伏線がすべて回収され、
なんともいえない爽快感を感じることが多いけど、今作はそういった種類のものではありませんでした。
私はこういうのよりはもう少しユーモアのある伊坂作品の方が好きなので、今回は☆は4つで。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:57 | category:    伊坂幸太郎 |
# 死神の浮力
評価:
伊坂 幸太郎
文藝春秋
¥ 1,733
(2013-07-30)

 死神の浮力 / 伊坂幸太郎

 評価 ☆☆☆☆


1年前、ひとりの少女が殺された。

容疑者は近所に住む少女の家族とは顔なじみの青年。

しかし、証拠不十分で彼は無罪放免。

だが、少女の両親は間違いなく青年が犯人であることを知っていた。

そんな両親のもとに、あの死神・千葉がやってくる・・・。



「死神の精度」の続編ですね。で、しかも長編!

前作が短編集だったので、長編と気づいたときには驚き!

そのせいかな、なーんか長いような間延びしてるような印象がしたのは・・・?

面白いんだけど、なかなか進まねーっていうかね、そんな気がした。


復讐に人生を捧げる決意をした夫婦の話しなんて、

これ以上ないほど暗いはずなんだけど、

千葉のすっとぼけたようなキャラ(でも、本人は大まじめ)のおかげで、

クスッとさせてくれるようなユーモアと軽さが生まれている。実に痛快。

でも、いたるところに伏線がちりばめられているし、気も抜けない!

ママチャリで疾走する場面は緊迫の場面のはずなのに笑えました。

こんなにダークなテーマなのにこんなに笑えるなんて、やっぱすごいです。

| comments(0) | trackbacks(1) | 16:40 | category:    伊坂幸太郎 |
# ガソリン生活
評価:
伊坂 幸太郎
朝日新聞出版
¥ 1,680
(2013-03-07)

JUGEMテーマ:小説全般

 ガソリン生活 / 伊坂幸太郎(朝日新聞出版)

 評価 ☆☆☆☆


ちゃーんと意志のある車が主人公。
仙台市内のある一家の所有する緑色のデミオは、お隣のカローラと語り、
街を走る車たちと情報交換をして暮らすのんびりとした毎日。
しかし、そんなある日、家族がある事件に巻き込まれてしまい・・・・。

車は人間とお話しすることはできないけれど、
車同士の会話は可能で、人間の知らない様々な情報を交換し合っているという設定。
こんなほんわかかわいらしい設定に、
いつものハードボイルドな伊坂ワールドが交錯するんだからすごいの一言!
いつもの伊坂作品よりは読みやすいかんじです。

車はなーんでも知っているのに、人間には決して通じない。
そこにはやきもきさせられるんだけど、
車と人間の間に言葉じゃないたしかな絆が感じられてジーンとくる。
私も自分の車、ちゃんと愛してあげなきゃと感じたわ。
エピローグがまた泣かせる〜。

シリーズ化希望!!
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:44 | category:    伊坂幸太郎 |
# 残り全部バケーション
評価:
伊坂 幸太郎
集英社
¥ 1,470
(2012-12-05)
コメント:残り全部バケーション

JUGEMテーマ:小説全般

 残り全部バケーション  / 伊坂幸太郎

 評価 ☆☆☆



読んでいくうちにそれぞれの話しがつながっていく伊坂幸太郎お得意の連作短編スタイル。
スタイリッシュで小気味いい展開。
この人の小説ってほんと、ミニシアター系のセンスのいい映画みたい。
1章の表題作でもある「残り全部バケーション 」は
「Re-born はじまりの一歩」という作品集で既に読んでいたのですが、
あのお話しがこんな風に広がってくるとは思いませんでした!

特に岡田が好き。
彼には他の作品でまた再会したいです。
そして最後の最後で溝口が男になる!
サキさんの謎、残したままにしておくのが伊坂さんらしいですね。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:39 | category:    伊坂幸太郎 |
# 仙台ぐらし
評価:
伊坂 幸太郎
荒蝦夷
---
(2012-02)

JUGEMテーマ:エッセイ

 仙台暮らし / 伊坂幸太郎(荒蝦夷)

 
評価 ☆☆☆☆


仙台に住む作家・伊坂幸太郎さんが「仙台学」に連載したエッセイを中心にまとめたもの。
震災後に書き下ろした短編も収録してあります。

震災の前に書かれたものもあれば、震災を受けて書かれたものもあり・・・。
震災に関するものをのぞいては、特に仙台色が強いというわけではなく、
何気ない日々の出来事や思いをつづった作品と言えます。

普段は見られない伊坂さん自身の姿を知ることができて新鮮。
こんなに自信過剰で心配性だったんですね(笑)
仙台の東口のビルにある、もしかしたら私も行ったことがあるかもしれない
ごく普通の喫茶店であのスタイリッシュでテンポのいい作品たちが生まれてるかと思うと
不思議な気がしました。

地方在住の作家が地元の出版社から本を出すっていいですね〜。
それが震災の被害にあった土地だけになおさら強くそう感じました。
震災エッセイの中で伊坂さんは“僕は楽しい話を書きたい”と書いていた。
そうなんだよねー、それが作家にできる精一杯で唯一のこと。
楽しい話を発表すればするほどみんなの力になる。
それぞれができることをする・・・・それが復興の力になると信じています。 
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:16 | category:    伊坂幸太郎 |
# オー!ファーザー
評価:
伊坂 幸太郎
新潮社
¥ 1,680
(2010-03)

JUGEMテーマ:小説全般
 ● オー! ファーザー / 伊坂幸太郎  
 ● 新潮社 
 ● 1680円 
 ● 評価 ☆☆☆☆
実は俺、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。
俺は普通の高校生なのに、なぜか四人の父親は全員どこか変わっていて、
俺はいつも父親たちに振り回されっぱなし
ただ静かにあたりまえにごく普通に生活していたいだけなのに、
今回、変な事件に巻き込まれてしまって―。


(感想)

父親が4人。つまり1人の女に夫が4人。
もう、このシチュエーションだけで十分、面白くなるのは想像できる。
私にはこれだけで「やったー」って感じでした。
父親4人のキャラクターがそれぞれ豊かで、
もし実写化したら、どの父親をどの俳優から演じてほしいかを考えるのが楽しかった
これ、ミステリーじゃなく、
何気ない日々の出来事を切り取ったようなお話にしても面白かったと思う。
こんなにたくさんの男と結婚しちゃったお母さんはさぞ魅力的な女性なんだろうと思うけど、
お母さんはほとんどお話のなかに登場しないというのもすごいよね

ごちゃごちゃしていた伏線が最後はきれいに一本にまとまる様が気持ちいい。
もっともっと見守り続けたい、すてきな家族の物語でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 14:24 | category:    伊坂幸太郎 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links