隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 手のひらの京
評価:
綿矢 りさ
新潮社
---
(2016-09-30)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 

 手のひらの京 / 綿矢りさ(新潮社)

 

 評価 ☆☆☆

 

おっとりした長女・綾香は31歳、次第につのる結婚へのあせり。

一方、子供の頃からモテて、恋愛に生きる次女・羽依は入社早々、

職場で人気の上司と恋仲に。

大学院で研究に没頭するリケジョの三女・凜は

自ら人生を切り拓くべく、いずれ京都を出ようとひとり心に決めていた。

生まれ育った土地、家族への尽きせぬ思い。

かけがえのない日常に宿るしあわせ。

人生に、恋に悩みながらもまっすぐ生きる三姉妹の成長と旅立ちの物語。

 

 

(感想)

 

ゆるゆるっとたおやかでいかにも京都らしい生活感にあふれた作品。

おとなしすぎてなんだか綿矢りささんらしくないな〜と思って読みましたが、

彼女が京都出身だと知り、なるほどそういうことかと納得。

京都ってなにか他の地域とは異なる独特の何かがあるし、

そこで生まれ育った作家が故郷を舞台に書きたくならないはずがない。

故郷を慈しむように大切に綴りたい・・・著者のそんな思いが感じられました。

 

それぞれタイプのまったく違う3姉妹。

でも反目することもなく、

家族というかけがえのない集合体の中でワイワイと仲よく暮らしている。

その当たり前すぎる日常感が心地いいです。

私は三姉妹の中では次女の羽依が好き。

ちゃらちゃらしてるけどバカじゃない。

いい物・正しい物を見極める目を持っていて、自分の価値も知っている人。

彼女のほんとうの価値に気付ける男性に現れてほしい。

幸せになる彼女が見たいからぜひぜひ続編を期待しています☆

| comments(0) | trackbacks(0) | 15:02 | category:    綿矢りさ |
# ウォーク・イン・クローゼット」
JUGEMテーマ:小説全般

 ウォーク・イン・クローゼット / 綿矢りさ(講談社)

 評価 ☆☆☆


28歳OL、彼氏なし。
素敵な服で武装して、欲しいものを手に入れたい!
女同士、男と女の微妙な友情と人間関係を描く、
コミカルでせつなくて少しブラックな魅力全開の2年ぶり最新小説集。




(感想)

表題作の「ウォーク・イン・クローゼット」と「いなか、の、すとーかー」の中編2本。

「ウォーク・イン・クローゼット」は私が彼らより上の世代だからなのか、
なんとなくほほえましい気持ちで読めました。
好みでない服で着飾って自分を武装してまでも素敵な彼氏をゲットしたい!!・・・
というタイプの女に好感を持つ女性は少ないと思うけど
(たとえ自分がその種類の女であっても)、
休日にその武装用の洋服達を大事に丁寧に洗濯してケアするのが至福の喜びだという主人公はたまらなく愛おしい。
これが彼女の美徳であり、人間性が出ているから愛せます。
彼女はまだまだいい女にはほど遠いけど、
だりあから送られてきた大量の服を
「今の自分には着こなせない。でもいつかこれが似合う女になってみせる」と思うあたりに成長を感じるしね。
早希もユーヤも一皮むけていい女(男)になって、
今ならいいカップルになれる気がします☆
綿矢りささんは現代の若者のあざとさ・毒・冷めてるとこ・・・などを書かせたらうまい作家だと思っていたけど、
この主人公の根本にあるものはそういうのとはちょっと違う気がしました。

「いなか、の、すとーかー」は綿矢りさが書くべき題材なのかな?
ストーカーものにはもっと陰湿で粘っこくて・・・みたいなものを期待するけど、
それに関してこの作品はあっさりしすぎていた気がします。
なぜ砂原さんがここまで執着したのかが不透明なので、
そのへんを深く描いてくれれば印象も違ったかもしれません。
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:07 | category:    綿矢りさ |
# 大地のゲーム
評価:
綿矢 りさ
新潮社
¥ 1,365
(2013-07-31)

JUGEMテーマ:小説全般

 大地のゲーム / 綿矢りさ(新潮社)

 評価 ☆☆



震災の記憶も薄らいだ21世紀終盤。
原発はすでになく、煌々たるネオンやライトなど誰も見たことのないこの国を、
巨大地震が襲う。
来るべき第二の激震におびえながら大学キャンパスに暮らす学生たちは
カリスマ的リーダーに未来への希望をつなごうとする。
極限におかれた人間の生きるよすがとは何なのか。



これまでの綿矢りさ作品とはまったく雰囲気の違った作品だけど、
大地震後の荒廃した日本を舞台にしているわりに、中身は恋愛小説。
どうして大地震を絡めなければならなかったのか理解できず、
震災で大変な思いをした方々の神経を逆なでするのではないかと不安すら覚える。
意欲作なんだろうけど、失敗しちゃった?
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:25 | category:    綿矢りさ |
# かわいそうだね?
評価:
綿矢 りさ
文藝春秋
¥ 1,365
(2011-10-28)
コメント:2人の主人公の気持ち、同じ女ならきっとわかるはず

JUGEMテーマ:小説全般
 ● かわいそうだね? / 綿矢りさ
 ● 文藝春秋
 ● 1365円
 ● 評価 ☆☆☆☆
私の彼は元彼女と同棲中……。
元彼女の仕事と住まいが見つかるまでというけれど、そんなのアリ??
表題作の「かわいそうだね?」のほか、
女子同士の複雑な友情を描く「亜美ちゃんは美人」の2篇収録。



(感想)

「かわいそうだね?」と「亜美ちゃんは美人」の2編を収録。
同じ女なら絶対わかるでしょ“同性への嫉妬の気持ち”。
2編とも生々しく共感できましたわ。
女の子のこういう関係ってありますよね〜。
綿矢りさのかわいらしいルックスからこういうのが出てくるっていうのが
またたまらないんだわ

「かわいそうだね?」ははじめはあまりに女子的な内容にちょっと引きつつ、
アキヨの存在にもイライラ。
けど、樹理恵のラストのキレぶりが爽快で一気に好きになった!

どちらかというと「亜美ちゃんは美人」の方が好き。
亜美ちゃんが人生ではじめて本気で好きになった男がどうしてあの人なのか、
さかきちゃんがそれに気づいたときはハッとした。
亜美ちゃんは決して天然バカなんかじゃなかったのねぇ。
この作品のタイトルは「亜美ちゃんは美人」なんだけど、
こっちの方が「かわいそうだね?」でいいんじゃない?と思ったくらい。
自分自身が満たされていれば満たされてる同性への嫉妬もうまれない・・・
これも満たされていないと気づかないものなんだよね〜。
ラストの開き直りが大好きです。

綿矢りさが作家として伸び悩んでる気がしてたけど、今回一皮むけたかんじ
もうちょっと見守ってあげたい気がします
| comments(0) | trackbacks(1) | 15:41 | category:    綿矢りさ |
# 夢を与える
夢を与える
夢を与える
綿矢 りさ
夢を与える/綿矢りさ
河出書房新社
1365円
評価 ☆☆☆
チャイルドモデルから芸能界へ。
幼い頃からテレビの中で生きてきた美しくすこやかな少女・夕子は
ある出来事をきっかけにタレントとして大ブレイクし、
一躍、トップアイドルへと踊り出る。
しかし成長する少女の心とからだには
一般の女の子として過ごしたいという欲求もあった・・・。
一人の女の子がスターとなり、転落するまでの軌跡。



(感想)
芥川賞王冠2を受賞し、
一夜にしてスターとなった自分自身を投影してるかのような作品でした。

同時期に注目された同年代の女性作家鉛筆2たちが、
自分の世界観を守りながらも次々と作品を発表している中、
綿矢りさの新作はなかなか世に出ませんでした。
そしてやっとやっと発売されたこの作品は、
驚くべきことにこれまでの2作とはまったく文体が違います。
そして作品のテーマも大きく違う!
自らの経験を交え、身を削るように書いたであろうこの作品は痛々しくもあり、
その一方で彼女の逞しさも感じられる意欲作です。

残念なのはかわいくてみんなに愛されるアイドルである主人公に
読者はきっと心ひかれないこと。
読者自身にも主人公のファンになり、
彼女の成功も成長も挫折もすべて共感したかったのに、
この主人公には(アイドルなのに)読者をひきつけるほどの魅力がないんですよー。
そのへんの甘さが惜しいひやひや

主人公は「みんなに夢を与えたい」と語りますが、
それは本心ではなく、タレントとしてのイメージを考慮した発言。
タレントが欲望のままに自分の人生を生きるとは、
多くのファンを裏切ることでもある。
スキャンダルでファンを裏切り、失った主人公は
取り返しがつかないところにきてやっと「夢を与える」という言葉の重みと真実を知る。
だからこそこのタイトルは重いです。

18歳の女の子に味わわせるにはあまりに残酷な展開で、
後味の悪い結末を用意したあたりには彼女の厳しい覚悟を感じました。
いいポジションに回ってくれそうなキャラクターも活かされてないし、
いくつかの欠点は隠せないけれど
ここまでの変化を見せてきた綿矢りさの挑戦には拍手を送りたい拍手拍手
綿矢りさはまだ未知数だ!!
次は何を見せてくれるのか・・・これからにも期待しています猫2



●この本が好きな人におすすめなのは・・・
グラビアの夜/林真理子
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:57 | category:    綿矢りさ |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links