隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# あのとき始まったことのすべて
評価:
中村 航
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,470
(2010-03-26)
コメント:こんなに甘酢っぱいの、久々に読んだわ(^_^;)

JUGEMテーマ:小説全般
 ● あのとき始まったことのすべて  / 中村航
 ● 角川書店
 ● 1470円
 ● 評価 ☆☆☆
社会人三年目・・・中学の同級生との十年ぶりの再会。
それが、僕らのせつない恋の始まりだった…。
ノスタルジーと切なさに浸るラブストーリー。



(感想)

社会人3年目の主人公・岡田君が、
あることがきっかけで中学時代に仲のよかった同級生の石井さんと再会することになる。
10年ぶりに再会した石井さんはとてもかわいくなっていて、
あの頃のように一緒にいてすごく楽しい子で、二人はすぐに恋に落ちてしまう・・・・・って話。

すごーくベタです。
読んでるこっちがこっ恥ずかしくなるくらい甘酸っぱいです。
こんな直球どまんなかのラブストーリー、久々に読んだわ。
学生時代の輝ける日々を共に過ごしたいい友人との再会・・・。
こういうのってこんなにもキラキラしてるものなのでしょうか?
ま、そこで恋心が芽生える、なんてのはありそうな気がするけど(笑)

単純に岡田君と石井さんの話だけじゃなく、
息のあった二人を近くでほほえましく見ていた白原さんというクラスメートの視点から描かれている章もあるんだけど、
白原さん目線で見る二人がとってもかわいくって、
二人の存在をさらに魅力的に輝かせているのが中村さんらしいな〜。
特に当の二人は忘れているのに、白原さんだけがおぼえていた
【キラー・カーンのちゃんこ屋】のエピソードは大好きです!!

学生時代を共に過ごした「同級生」って、なーんか特別な存在なんだよね。
私にはこんな風にきれいな思い出になってくれている同級生はいないけど、
みんなに再会したら、すぐにあの頃の自分に戻れちゃうんだろうな。それは間違いない。
仲が良かった人とかじゃなくって、
中学以来1度も会ったことないような、思い出したことすらなかったような、
そんな懐かしすぎる同級生に再会して、思い出話をしてみたくなりました。
| comments(5) | trackbacks(0) | 02:04 | category:    中村航 |
# あなたがここにいて欲しい

評価:
中村 航
祥伝社
¥ 1,470
(2007-09)
コメント:表紙の優しいイメージそのままの本です
JUGEMテーマ:小説全般
●あなたがここにいて欲しい/中村航
●祥伝社
●1470円
●評価 ☆☆☆☆
吉田君にとって、小田原は「ゾウとあんぱん」の町だ。
懐かしいあの日々、温かな友情、ゆっくりと育む恋・・・。
僕には守り続けなきゃならないものがある。
静かで優しい3編を収録。




(感想)
恋愛アンソロジー「LOVE or LIKE」に収録されていた「ハミングライフ」が大好きで、
もう一度読みたくて、今度はこっちを読んでみました。
やわらかく、優しいイメージの表紙のイメージそのまま
ゆったりと穏やかな時間の流れる心地いい作品集です。

表題作の「あなたが〜」は主人公の吉田君と、その友人でヤンキーの又野君のつかず離れずの友情、
そして吉田君と舞子さんの恋愛を描いています。
吉田君は子供のころから物事を冷静に見ていた人で、
だからこそ又野君の素晴らしいとこを見極めた素敵な人。
語り手が誰なのかはわからないけれど、三人称で主人公は「吉田くん」と表記されていて、
それが作品の雰囲気を膨らませるのに効果的
吉田君を見えない誰かがあたたかい眼差しでいつも見つめている。
そんな「つつまれている感」も心地よい。
どうやら私も生き急ぐよりは、
吉田君みたいにゆっくりしっかり見極めながら生きていく方が性に合ってる感じ。
なんだか妙に波長が合うような気がしました

「男子五編」はおそらく著者のこれまでをそのまま綴ったもの。
この中で≪世界三大美徳≫は“礼儀”と“仲良し”、
そして最後のひとつは“もうひとつを探し続けること”となっているんだけど、
私は途中で候補に挙がっていた“感じよく振る舞う”の方が中村さんらしくて私は好きなんだけどな

そしてやっぱり「ハミングライフ」はど真ん中にキュンとくるわー
イラストもツボだし、二人のやり取りはいちいちセンスがいい。
こんな恋愛、憧れるなぁ

ほっこりした気分になりたいときには、中村さんの本を読むことにしよう
| comments(2) | trackbacks(0) | 11:23 | category:    中村航 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links