隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# イニシエーション・ラブ
JUGEMテーマ:小説全般
 イニシエーション・ラブ / 乾くるみ(文春文庫)
 
 評価 ☆☆☆


僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。
やがて僕らは恋に落ちて…。
甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、
最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。
あなたはきっと「必ず二回読みたくなる」。




(感想)

「最後の2行目ですべてが変貌する」とか「必ず2度読みたくなる」とか
こんなこと言われたら絶対に読みたくなるに決まってますよね?

たしかに最後の2行ですべてが変わってしまうのは事実。
確認のためにもう1回読みたくなるのも事実。
こういうひっかけ小説を読んだのは初めてではないけど、
小説の利点をうまく活かしたトリックには驚かされました。

後半の「side-B」を読んでいると、おかしいな?と感じる箇所は多々あります。
でも私は最後から2行目を読むまでに
その違和感の答えを導き出すことはできなかった。
うん、あやしいと思いつつもしっかりと騙されたんだな・・・。

そう、騙された。物語の仕組みにも驚かされた。
だけど小説として、ストーリーが面白いかというと・・・うーん。
一組の男女が出会い、惹かれあい、少しずつ距離を縮めていくお話。
まぁ、どこにでもあるような恋愛。恋愛小説としてみたらまったく面白くない。
だけどだからといってミステリーだとも思わない。

なるべくなら「最後の2行」なんて宣伝文句に惑わされず、
変な先入観も持たずに読むのがいいのだろうけど、
「最後になんかある!」って期待がないと、
この盛り上がりどころのないつまんない若者の恋愛に時間を割くのはかなりの忍耐力を必要とする。
「最後に物語がひっくり返るという情報」が入っていたからこそ、
読めたのかもしれないな。

それを考えると、
やっぱり本を売るのも中身の良し悪しだけでなく宣伝の仕方も大きいんだな。
・・・と、改めて感じされてくれる本でした。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:53 | category: 作家名 あ行 |
# ボタニカル・ライフ―植物生活
JUGEMテーマ:エッセイ

 ボタニカル・ライフ―植物生活 / いとうせいこう(新潮文庫)

 評価 ☆☆☆☆


庭のない都会暮らしを選び、ベランダで花を育てる「ベランダー」。
ある日ふと植物の暮らしにハマッた著者の、いい加減なような熱心なような、
「ガーデナー」とはひと味違う、愛と屈折に満ちた「植物生活」の全記録。
第15回講談社エッセイ賞。



(感想)

ドラマの大ファンで、原作も読んでみたくなり購入。
主人公はドラマに比べるととても丁寧に大事に植物を育てている印象を受け、
ドラマ以上に主人公の植物に対する「愛」と「執念」を感じました。
「やつら」「植物ども」・・・この言い回しもツンデレとしか思えないしw

実は私も「ベランダー」です。
狭っこいベランダで自分勝手・好き勝手にボタニカルライフしています。
だからこそ共感できる部分はすごく多かった。スペースとの戦いなどは特にw

ドラマ版で私がいちばん共感したのはシーズン2の第2話のシクラメンの回で、
この本のこれに該当する章も大笑いしました。
「シララメンのかほり」、および小椋佳と絡めて展開していくなんて秀逸すぎます。
ウチは毎年必ず、お歳暮にシクラメンを1鉢もらいます。
私にとっては欲しくなくても増えていく厄介な植物・・・・。
しかも今現在は6月中旬なのにもかかわらず、我が家の4鉢のシクラメンのうち、
2鉢はまだ花など咲きおってのうのうと生きています。
どこが冬の花だってハナシです。
いとうさんはシクラメンが好きになったと言ってるけど、
私は春夏らしいベランダガーデン作りをこの花によって邪魔されてる気がするのでまだ好きになれません。
でも、いつかは歩み寄れるかな?この章を読んでなんとなくそう思いました。

植物だけじゃなく、ヤゴやメダカなど生き物に関する章も面白いですね。
どーなるんだろうとハラハラニヤニヤしながら読みました。

内容的には☆5つでもいいのですが、やはり写真が欲しかった!
知らない植物が出てくるといちいち調べたり、うまくイメージがわかなかったりで、
その辺にめんどくささを感じました(まぁ、私に知識がないってだけの話ですが・・・)
| comments(0) | trackbacks(0) | 13:52 | category: 作家名 あ行 |
# うれしい悲鳴をあげてくれ
JUGEMテーマ:文庫
 
 うれしい悲鳴をあげてくれ / いしわたり淳治(ちくま文庫)

 評価 ☆☆☆


どれもこれも早くて2分、ちょっと長くても5分くらいの時間で読める小説&エッセイ集。
まずはパッと開いたページを読んでみてください。
ひとつひとつのタイトルのつけ方が秀逸で、読み終わったあとに、にやっとしたり、
ぞっとしたり、きゅんとしたり、すっと納得できたりの作品集。



(感想)

元・スーパーカーのメンバーで現在は音楽プロデューサーのいしわたり淳治さんのエッセイ&短編集。
「ロッキン・オンジャパン」に連載していたものをまとめた物です。
(いくつかの書き下ろしもアリ)

実は私、この方のことは全然知らなくて・・・。
スーパーカーも存在は知ってたけど、一度も聴いたことはないしね(すいませーん)
チャットモンチーやねごとのプロデュースや、
Superaflyの「愛を込めて花束を」やChayの「あまたに故意をしてみました」の作詞もしてる人なんですね。
そこまで言われてやっと「おお!」となりました。

そんな私がなぜこの本を手にしたかというと・・・とにかく「売り方がうまい」から。
書店でものすごくプッシュされてたし、
帯に「この本を楽しめないなら他にオススメはありません」なんてすごいことが書いてある。
さらに巻末の解説が鈴木おさむさんとなれば、期待するなという方が無理です。

で、期待して読んでみたのですが。

たしかに感性は面白いと思う。
特に小説は独特の味があります。ブラックユーモアや不思議な世界観。
ショートショートと言えるくらいの短い作品ばかりなので、
短時間でサラサラッと読むにはいいです。

エッセイはどこまでが現実なのかいまいちわからなくて、
エッセイらしくないエッセイでした。
視点と着眼点がいい。
中でも「笑ってはいけない温泉宿」という話しは私好みでした。

だけど、短めのお話がたくさん入っていて気軽に読めるというのは
メリットにもデメリットにもなります。
時間がない時でも1つ、2つ読もうかなくらいの気持ちで軽く手に取ることはあったけど、
じっくり本腰入れて集中して読みたいほどではないから、
早く先が読みたいという気持ちにはならない。
だから読了するのにかなりの日数がかかりました。

どちらかというならば、エッセイより小説の部分の方を評価したいです。

私は長編の方が好みだけど、この人は長編は無理だろうな。
この短さでないと、この人の良さはでないんだと思う。
| comments(0) | trackbacks(0) | 12:13 | category: 作家名 あ行 |
# キャプテンサンダーボルト
評価:
阿部 和重,伊坂 幸太郎
文藝春秋
¥ 1,944
(2014-11-28)

JUGEMテーマ:小説全般

キャプテンサンダーボルト / 阿部和重・伊坂幸太郎(文藝春秋)

評価 ☆☆☆☆☆


小学生のとき、同じ野球チームだった二人の男。
二十代後半で再会し、一攫千金のチャンスにめぐり合った彼らは、
それぞれの人生を賭けて、世界を揺るがす危険な謎に迫っていく。
東京大空襲の夜、東北の蔵王に墜落したB29と、
公開中止になった幻の映画。そして、迫りくる冷酷非情な破壊者。
すべての謎に答えが出たとき、動き始めたものとは――



阿部和重さんの小説は全部読んでいます。
伊坂幸太郎さんも読んでないのは2,3冊しかないと思う。
要するにお二人とも私の大好きな作家。
この二人が合作を発表すると知った時はブワーッと鳥肌が立ちました。

私は山形在住。
仙台にもよく遊びに行くので、お二人の作品はどれも土地勘があります。
そういう意味でも楽しませてくれるお二人です。

1章ごとに執筆をバトンタッチしていき、
相手の書いた部分もどんどん手を入れるという形で書いていったらしいけど、
正直、どこをどっちが書いてるかは二人の作品を読みこんでいる私でも全然わかりませんでした。
でも、「ああ、このアイディアは絶対に阿部さんだ」「これは伊坂さんっぽい」っていうのは
なんとなくわかります。そういう箇所を見つけるのもファンにはたまりません。

文体は阿部さんが伊坂さんに合わせてる気がします。
そして、阿部さんが得意な「壮大な嘘っぱち」にノッテくれてる伊坂さんw
お互いがお互いの持ち味を活かし、譲り合いながら、いいところでまとめてる感じ?
そのバランスが絶妙です!
この二人がこんなに相性よかったなんて・・・これ読むまで気がつきませんでした。

疾走感と爽快感!最高のエンターテインメント作品でした。
最後の銀行の場面のハラハラ・ワクワク感といったらないっ!

今年は例年に比べると面白い本にあまり出会えず、不作の年と感じていたのですが、
年の瀬になりこんなに夢中になれる作品に出会えるとは!
今年のナンバー1かも(๑→ܫ←๑)
これぞ「終わりよければすべて良し」ですね。来年もいい本にたくさん出会えますよーに♪

 

 
| comments(2) | trackbacks(0) | 17:09 | category: 作家名 あ行 |
# 恋歌
評価:
---
講談社
---
(2013-09-27)

JUGEMテーマ:小説全般

恋歌 / 朝井まかて(講談社)

評価 ☆☆☆☆



幕末の江戸で熱烈な恋を成就させ、天狗党の一士に嫁いで水戸へ下った中島歌子。
だが、尊王攘夷の急先鋒である天狗党は暴走する。
内乱の激化にともない、歌子は夫から引き離され、囚われの身となった。
樋口一葉の歌の師匠として知られ、明治の世に歌塾「萩の舎」を主宰し一世を風靡した歌子は、
何を想い、胸に秘めていたのか。落涙の結末!



(感想)

直木賞受賞作です。
失礼ながら今回の受賞ではじめてお名前を聞く作家さんでした。

樋口一葉の師である歌人・中島歌子が主人公。
幕末の江戸で水戸の若い藩士に恋をして嫁いだのだが、2人には幸せな時間は少なく、
離ればなれになり、歌子は囚われの身に・・・・。
女性の視点で描かれ、恋愛が絡んでいるから
時代物が苦手な私でもスーッと入っていけたのかもしれない。
自我の強いお転婆なお嬢さんが恋をし、嫁ぎ先で苦労をし、
凛とした一人前の奥様となっていく姿は胸を打つものがあります。
タイトルがタイトルだし、恋愛ものかなと思われそうだけど、そんな軽いものじゃない。
時代に翻弄され、でも心は決して揺るがなかった強い女性のお話でした。

特に歌子が最後に詠んだ歌が胸にしみます。
 「君にこそ恋しきふしは習ひつれ さらば忘るることもをしへよ」
恋することを教えたのはあなたなのだから、どうかお願いです。忘れ方も教えてください。

あー、改めて自分の歴史オンチっぷりが悲しい。
歴史的な背景を理解していれば、時代小説はもっともっと面白いと思う。
歴史を知らない私は絶対に損してる。
だからここはちょっと真剣に勉強してみようと思って、簡単な本を買ってきました。





 
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:46 | category: 作家名 あ行 |
# 「折れない心」をつくるたった1つの習慣

 「折れない心」をつくるたった1つの習慣 / 植西聰(青春出版社)

 評価 ☆☆☆☆ 


書店でタイトルを見て、即買いでした。


私、とにかく気持ちが弱い。折れやすい。

いつも物事を考えすぎて深みにはまり、ウジウジ悩んでいるんです。

そんな自分が本当にいや!だって、ものすごく生きにくいもん。

だからもう、この本を読むことは藁にもすがるような思いでした。


書いてあることは正しいと思う。

こんな風に考えられたら日々が明るくなるだろう。

でもね、問題なのはそもそもネガティブ思考で折れやすい自分が、

こういう考え方をできるようになるのか?ということ。

それはとっても難しい。

いいことが書いてあるのに実践できないというのが現実。さて、困った(-_-)


そのなかで、今の自分にとっていちばんの救いになったのは

「イヤな人を近寄らせない言葉」の章。

“言葉使いで相手との距離感を保つ”、これ明日から即実践しよ!

つけ込まれるのを防ぐ・・・これだけでも十分、効果はありそうだ。


急には「折れない人」にはなれない。

少しずつ少しずつ・・・ゆっくり改めていこう。

| comments(0) | trackbacks(0) | 01:54 | category: 作家名 あ行 |
# 四十九日のレシピ
評価:
伊吹有喜
ポプラ社
¥ 1,470
(2010-02-16)
コメント:ジワジワと優しい気持ちになれました

JUGEMテーマ:小説全般
 ● 四十九日のレシピ / 伊吹有喜
 ● 集英社
 ● 1470円
 ● 評価 ☆☆☆☆
熱田家の母・乙美が亡くなった。
気力を失った父・良平のもとを訪れたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。
乙美の教え子だったという彼女は、
生前の母に頼まれて、四十九日までのあいだ家事などを請け負うと言う。
彼女は、乙美が作っていた、ある「レシピ」の存在を、良平に伝えにきたのだった。
家族を包むあたたかな奇跡に、涙があふれる感動の物語。



(感想)

少し前でNHKの連続ドラマ化されてましたね。
CMを見て、「みたいな〜」と思ってたのに第一回を見逃して、
そのまま見ずに終わってしまったので小説の方を読んでみることにしました。

ああ〜、やっぱり私の好きな雰囲気の作品でした。
レシピや「あしあと帳」の存在から乙美さんのあたたかさが伝わり、
知らぬ間に涙がこぼれちゃいそうな愛おしさがあります。

それに私は百合子さんの痛みもわかりすぎるほどわかって。
亜由美さんと赤ちゃんの存在を受け入れ、
話しあったり戦ったりせずにすぐに身を引こうとした彼女の気持ちといったら・・・。

最後がきれいにまとまりすぎた感はある。
こんなに素晴らしいテーマをもってるわりに軽いかんじも受けた。
でも、読みやすいので多くの人に評価されるのも納得。
心の中で、ずーっと大切にしたい作品ですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:58 | category: 作家名 あ行 |
# お風呂の達人  バスクリン社員が教える究極の入浴術
 ● お風呂の達人 バスクリン社員が教える究極の入浴術  / 石川泰弘
 ● 草思社 ● 1260円
 ● 評価 ☆☆☆☆☆
日本の入浴剤メーカーとして日本最古の歴史を誇るバスクリンの社員が
、長年の入浴剤研究でわかった「正しいお風呂」の入り方を大公開! 
心身の疲労回復からダイエットまで目的に合った入浴テクニックをわかりやすく教える本。
 


(感想)

ただお湯につかるだけの入浴ではなんだか損してるような気がして、
どうせなら効果的な入浴法が知りたいと思い、手にしました。

著者は株式会社バスクリンの社員で、
温泉入浴指導員と睡眠改善インストラクターの肩書を持つ方。
体の清潔を保つだけでなく肉体疲労の回復や精神を癒す入浴法、
メタボ解消やダイエットまで目的に合った入浴法を伝授してくれます。

やー、とにかく勉強になりました。
ちゃちゃっとシャワーを浴びるだけよりは しっかりお湯につかった方がいいことはわかってたけど、
症状に合わせた入浴剤や入浴法ってあるのねー。
お湯の温度が1度、2度違っても効果は違うようだしとても奥深いです。

驚いたのは実在する温泉がモデルになっている「日本の名湯」シリーズのはなし。
あれって水質サンプル分析で判明した配合成分のうち、
上位3位までの成分を再現しているものなんだって!!
そういう基準だったとは知りませんでした。

自分にはきき湯の「食塩炭酸湯」がいちばんいいのだろうと思って、
ずーっとこればっかり買ってたけど、
読んでいくうちに「マグネシウム炭酸湯」の方が合うのではないかと思うようになりました。
さっそく「マグネシウム炭酸湯」を買ってきましたよ。
今日から効果のあるお風呂タイムを過ごせそうです。
| comments(4) | trackbacks(0) | 11:35 | category: 作家名 あ行 |
# マボロシの鳥
評価:
太田 光
新潮社
¥ 1,575
(2010-10-29)

JUGEMテーマ:小説全般
 ● マボロシの鳥 / 太田光
 ● 新潮社
 ● 1575円
 ● 評価 ☆☆☆
舞台芸人の一瞬の輝きを1羽の鳥に託した表題作ほか、
父との不和に悩む娘やイジメにあう男子生徒の葛藤から人類の行く末、そして神の意志まで、
芸人・太田光が持てる芸のすべてを注いで描き尽くした小説集。


(感想)

爆笑問題の太田さんの短編集。
うーん、やっぱりこの人が小説を出すと聞いたら確実に期待しちゃうでしょ。
期待が大きすぎた故にちょっと拍子抜けしたかんじかな・・・・???
意外にもファンタジー性のある童話集のようなものでした。
テレビでは絶対に見せたくはないであろう、内面の優しさや繊細さを感じはするものの、
メッセージ性の強さが悪い意味で主張する。しかもそれがしっかりと心に響かない。
やっぱり、素直に受け入れられないのは
普段テレビで見ている太田のイメージがあるからだろうなぁ

9つの短編のうち、まあまあ面白いのもあるけど、まったく意味不明なのもあり。
個人的には表題作の「マボロシの鳥」がいちばん好きだけど、
エンディングにはなーんか納得いってない。

有名人だから出版できたんだろうし、だからこそもともとのイメージがどうしても影響する。
この作品を見る目にはじめからそれが強く出てしまった。

同じ芸人が書いた小説として比べるなら、劇団ひとりの方が作家としてはいいような気がする。
| comments(0) | trackbacks(0) | 15:17 | category: 作家名 あ行 |
# 乙女の密告
評価:
赤染 晶子
新潮社
¥ 1,260
(2010-07)
コメント:乙女ならではの世界観についていけない・・・

JUGEMテーマ:小説全般
 ● 乙女の密告 / 赤染晶子
 ● 新潮社
 ● 1260円
 ● 評価 ☆☆
京都の外国語大学で、『アンネの日記』を教材にドイツ語を学ぶ乙女たち。
日本式の努力と根性を愛するバッハマン教授のもと、スピーチコンテストに向け、
「1944年4月9日、日曜日の夜」の暗記に励んでいる。
ところがある日、教授と女学生の間に乙女らしからぬ黒い噂が流れ…。
第143回芥川賞受賞。



(感想)

芥川賞受賞作。
京都の外国語大学で常に人形を抱いているバッハマン教授のもと、
「アンネの日記」を教材にし、暗唱スピーチに向けて練習の日々を送る乙女たち。
しかしある日、乙女たちのリーダー的存在である麗子様とバッハマン教授の間に
「乙女らしからぬ噂」が流れたことで学内の雰囲気が変わり、麗子様は失脚・・・・。
あらぬ噂をたてられたらこの大学では生きてはいけない。
乙女たちの緊張感とこの年頃ならではの残酷さを秘めた作品。

閉鎖的な乙女の園での独特な価値観と世界観・・・正直、気味が悪かったです。
バッハマン教授の存在や麗子様のキャラなどは明らかにコメディなんだけど、
「アンネの日記」を題材にするあたり、そうではないような気もするし、
なんだか理解に苦しみます。

教授が学生たちに「アンネの日記」の中で最も重要な日はいつ?という問いに、
迷わず真っ先に「アンネとがペーターとキスをした日」と答えたみか子。
「アンネの日記」をロマンティックな作品としてとらえている乙女ならではの幼さにはゾッとしました。

これが芥川賞をとるのか〜。
もともと私には合わない賞だとは感じていたけれど、その思いを改めて強める作品でした。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:03 | category: 作家名 あ行 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links