隣り近所のココロ・読書編

本の虫・ともみの読書記録です。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 月の満ち欠け
評価:
佐藤 正午
岩波書店
¥ 1,728
(2017-04-06)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 月の満ち欠け / 佐藤正午(岩波書店)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆☆

 

目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか?

三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生。

その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。

この数奇なる愛の軌跡よ!

さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。

 

 

(感想)

 

2017年上半期、いちばん面白かった本は間違いなくこれです。

最近にないくらいのめり込みました。

人間関係が複雑なので、

これから読む人は人物相関図を作りながら読むのをおすすめします。

 

大好きだった人に再会するために何度も生まれ変わりを繰り返して、

彼と接触を試みようとする女性とその周囲の人々の話です。

だけど時の流れは残酷なもので、

彼女が何度かの生まれ変わりを繰り返している間、

彼はどんどんおじさんになっていく・・・。

結果、少女がおじさんを心と体で求めてるような感じになってしまい、

そのへんに生理的な不快感を感じる人もいるかもしれません。

何度生まれ変わってもあなたを求めてる・・・これを女の執念ととるか、

純愛ととるかでも賛否は大いにわかれそうです。

 

ある登場人物が自分達の身近に起こったこの生まれ変わりらしき現象に対し、

「生まれ変わりが絶対にあると信じろと主張してるわけではないのです。

 ただ生まれ変わりなどそれまで考えもしなかった人に、

 そういう考え方も一理あるということをわかってほしい」

というようなことを語るシーンがありますが、

これは世の中のどんなことにも当てはまります。

ちょっと作者の伝えたいメッセージとはかけ離れた感想になってしまうかもしれませんが、

自分の中の常識だけにとらわれず、

「こんなこともある」「こんな人もいる」と受け入れられる柔軟さ。

こういう柔らかな目で物事を見ることのできる人になりたいと思いました。 

| comments(2) | trackbacks(0) | 15:11 | category:    佐藤正午 |
# アンマーとぼくら
評価:
有川 浩
講談社
¥ 1,619
(2016-07-20)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 アンマーとぼくら / 有川浩(講談社)

 

 個人的な評価 ☆☆

 

休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、

親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。

一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。

観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。

かりゆし58の名曲「アンマ―」に着想を得た、書き下ろし感動長編。

 

 

(感想)

 

有川浩さんの文体は軽い。小説を読みなれている人にとっては軽すぎます。

けど、「図書館戦争シリーズ」や自衛隊を描いた作品たちは、

その重たい舞台設定と軽い文章・甘い恋愛描写が妙にマッチして、

なんともいえない科学反応を起こしていました。

それが有川浩さんの魅力です。

しかし、今作は「読者を泣かせてやりましょう感」が気になります。

中学生が読書感想文を書くには最適な本かもしれないけど、

それなりの読書体験のある大人はこれで泣けるほど単純じゃありません。

 

「血のつながりがなくても家族は家族」ってのがテーマなんだろうけど、

私にはどうも父親のいい年して子供すぎるとこと軽薄さが気になってしまって。

気持ちがまっすぐないい女ほどこういう幼稚な男を

「いつまでも少年のような人」なんてとらえてコロッといっちゃうんですよねー。

あーあ。

 

私がもともと沖縄という地にそれほど魅力を感じてないからそう感じるのかもしれないけど、

沖縄の観光地の名称がやたらと出てきて、観光本っぽく思えるのも気にかかります。

有川浩さんの作品ということで、期待も大きかっただけに残念度も高かったです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:22 | category:    有川浩 |
# 不時着する流星たち
評価:
小川 洋子
KADOKAWA
¥ 1,620
(2017-01-28)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 不時着する流星たち / 小川洋子

 

 個人的な評価 ☆☆☆

 

世界のはしっこでそっと異彩を放つ人々をモチーフに、

その記憶、手触り、痕跡を結晶化した珠玉の十篇。

現実と虚構がひとつらなりの世界に溶け合うとき、

めくるめく豊饒な物語世界が出現する―。

 

 

 

(感想)

 

どこか風変わりで静謐な世界。

小川洋子さんにしか出せない世界観。

抽象的で、物語の舞台も主人公の性別もはっきりしない作品もあり、

物語の世界に入り込むのはなかなか難しいです。

片手間では読めません。

ちゃんと読書の時間をとって、

「じっくり読むぞ」と向き合える時に読むべき本です。

 

なかでも「若草クラブ」はモチーフになっているエリザベス・テーラーも

若草物語という作品もよく知っていたので入り込みやすかったです。

 

いちばん好きなのは「手違い」。

死のはかなさと生のきらめきの対比が美しかったです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:33 | category:    小川洋子 |
# ネコと昼寝 れんげ荘物語
評価:
群 ようこ
角川春樹事務所
¥ 1,512
(2017-01-01)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 ネコと昼寝 れんげ荘物語 / 群ようこ

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆☆

 

キョウコは都内の古い安アパート「れんげ荘」で相変わらず自由なひとり暮らし。

読書をしたり、美術館や図書館へ行ったり、

アパートの住人達とおしゃべりしたり、近所のネコと仲良くお昼寝したり…。

自分の将来のことなど、少々心配なことはあるけれど、

心穏やかにキョウコの「れんげ荘」暮らしは続いていますが―

 

 

 

(感想)

 

特に大きなことが起こるわけでもなく、なんとな〜く続く日常。

この退屈さが私にはたまらなく心地いいっ♪♪

このゆるさと、れんげ荘の4人の住人が人の目を気にせず、

自分の信じた道を自分らしく生きるかっこいい姿。

これがあるから私はこのシリーズが大好きなんです。

こんな生活に心から憧れます。

でも穏やかにゆるやかにファンタジーのように過ぎるだけでなく、

キョウコさんには母親との微妙な関係があり、

会社員時代の理不尽な経験を思い出す日もある。

そんな「苦み」もちゃんとある作品だからいいんですよねぇ。

 

今回はラストがこのシリーズらしからぬハラハラドキドキものの展開で、

これには「らしくない!」と不満を感じるファンも多いことでしょう。

でも私はポジティブに、

「・・・ってことはこのシリーズはまだ続くんだw」と安心しました。

続きも楽しみです。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:03 | category:    群ようこ |
# ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

JUGEMテーマ:読書

 

 ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室 / キャサリーン・フリン 村井理子(訳)

 

 評価 ☆☆☆☆

 

加工食品に含まれる油脂や糖質による肥満問題が深刻なアメリカ。

フランスの一流料理教室を卒業した著者は、

料理に苦手意識を持ち加工食品に頼る女性10人を対象に料理教室を開く。

技術指導だけに留まらない教室での体験を通して、

「包丁が怖い」などと怯えていた受講生が自信をつけていく過程をドラマチックに描き、

料理がその人の人生と深く結びついていることを強く意識させる一冊。

 

 

 

(感想)

 

翻訳ものだからでしょうか?

文章・そして構成がものっすごく読みにくいです。

日本の小説を読みなれている人は読むのに苦労するかもしれません。

 

ただし、書いてあることはすごくいいことばかり!

「自分で料理すること・家族のために料理すること」って、

「自分・家族の血、肉、健康を作る」ことなんですよね。

これってまさに生きる上でいちばん大事な基本。責任重大!

料理が苦手な人にその技術だけでなく、食のあらゆる面からの指導をし、

楽しみながら意識を変えさせていくのが素晴らしいです。

 

国の違いもあるので、

日本の私達の食生活でこの本のすべてを取り入れるのは難しいけれど、

考えさせられること・驚くことたくさんあって勉強になりました。

丸鶏一羽買ってきて、

自分でさばいて余すことなく使いきれる女なんてサイコーにいい女だと思います!!

私もそんなカッコイイ女になりたい!

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:18 | category: 作家名 は行 |
# 芝公園六角堂跡
評価:
西村 賢太
文藝春秋
¥ 1,620
(2017-02-28)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 芝公園六角堂跡 / 西村賢太(文藝春秋)

 

 評価 ☆☆☆


ここ数年、惑いに流されている北町貫多。
あるミュージシャンに招かれたライブに昂揚し、
上気したまま会場を出た彼に、東京タワーの灯が凶暴な輝きを放つ。
その場所は、師・藤澤清造の終焉地でもあった――。

狂える藤澤清造の残影――独りの死者と独りの生者。

鬼気迫る四篇の猝覘瓩鉢狠覘

 

 

(感想)

 

有名な大きな賞を受賞し、貫多はもうお金にも生活にも困っていません。

なので、もうゲスいことをして生きる必要などなく、

昔から憧れていたミュージシャンのライブに招待されるほどの作家になりました。

 

でも私はこの貫多の成功を素直に喜べません。

生活レベルや社会的な立場が変わり、「ギラギラ感」「むちゃくちゃ感」がなくなった。

だからこの作品はこれまでのに比べるとつまらない。

西村賢太の私小説の魅力はそこだったのに、

作家としてそれなりに成功した故にそれを失ってしまうなんてなんという皮肉なことか。

相変わらず言葉のチョイスは抜群に面白いけど、

私たちが読みたいのは、こんな貫多じゃないんだよなぁ。

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:22 | category:    西村賢太 |
# ストロベリーライフ
評価:
荻原 浩
毎日新聞出版
¥ 1,728
(2016-09-23)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 

 ストロベリーライフ / 荻原浩(毎日新聞出版)

 

 個人的な評価 ☆☆☆


農業なんてかっこ悪い。と思っていたはずだった。
イチゴ農家を継げと迫る母親。猛反対の妻。
志半ばのデザイナーの仕事はどうする!?
夢を諦めるか。実家を捨てるか。
恵介36歳、いま、人生の岐路に立つ!

直木賞受賞後一作の最新長編小説。明日への元気がわいてくる人生応援小説。

 

 

 

(感想)

 

素人である主人公にイチゴ栽培(ていうか農業全般)の知識がないのは当然。

でもこの人の父親も実はイチゴ栽培をはじめてからそう長いわけではなく、

それを考えちゃうと「親父だってえらそうなこと言える立場じゃなくない?」という点が

どうしても気になって仕方ありませんでした。

実際に農業に携わっている方なら私以上にそのへんに違和感を感じるはず。

 

農業に携わる人の高齢化や天候や害虫との戦いなどの深刻さはそれなりに描いてはいたけど、

やっぱりハッピーエンドでまとめるあたりは荻原さんらしい。

サクッと読めるけど、深みはない。

暇つぶしに軽く何か読みたいときにはよさそうな作品でした。

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:11 | category:    荻原浩 |
# 石、転がっといたらええやん。

JUGEMテーマ:エッセイ

 

 石、転がっといたらええやん。 / 岸田繁(ロッキング・オン)

 

 評価 ☆☆☆

 

音楽誌『ロッキング・オン・ジャパン』で11年続くエッセイが初の書籍化。

バンドのこと、音楽のこと、電車のこと、京都のこと、

酒に珍味のコモドオオトカゲのことまで岸田繁的思考の欠片がこの一冊に。

 

 

 

(感想)

 

音楽誌『ロッキング・オン・ジャパン』2006年6月号から

2016年12月号まで掲載された連載コラムをまとめたものです。

ジャパンは2年に一回くらい買う程度で、

買ったらもちろんこの連載は読んだはずだけどまったく記憶なし。

118本の短いコラム、すべてを初読みの新鮮な気持ちで読めました。

 

しかし、これはなかなかクセのある本だなー。

連載を毎号毎号読んでる分にはあまり感じないんだろうけど、

10年分をドーンと出されると「うわっ」とくるものがある。

マニアックすぎる音楽ネタも多いし、いきなり小説みたいなものがあったり、

くるりファンだから楽しめるってもんでもない。

まぁ、無理せず興味のある部分だけ読むくらいの気持ちでいいと思います。

私はくるりが大好きだけど、

古いバンドの名前とか、音楽用語とかはちんぷんかんぷん。

なので専門的な話よりは、

日常のなにげない話題の章などの方が素直に頭に入ってきて、楽しめました。

私にとっては岸田繁は大スターなのに、

そんな岸田ほどのスターが引っ越し先で近隣の人と仲良くなりたくて努力してるとか、

豆腐屋に油揚げだけ買いに行くとか、土鍋でごはんが炊けるとか、

そんな「生活をしっかりしている感」はとても好きです。

 

でも、「こういう連載なんだ」というスタイルを特に持たず、

忙しくっても鬱になっても一度も締め切りを破らずに10年続けたというのは、

何度もメンバーチェンジをし、

常に新しい音楽を模索して、「カメレオンバンド」とも言われる

くるりというバンドのこれまでの歩みに似ています。

岸田という人は型にこだわらず、コツコツ続ける性格なんでしょうね。

 

あと、なんでだろww

「トイレ」とか「便器」とか「突然、原因不明の腹痛」とかそれ系のネタがやたら多し。

好きなんですね、こういう話がw

しょーもない幼稚園児みたいでなんだかほほえましかったですw

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:05 | category: 作家名 か行 |
# クラウドガール
評価:
金原ひとみ
朝日新聞出版
¥ 1,512
(2017-01-06)

JUGEMテーマ:小説全般

 

 クラウドガール / 金原ひとみ(朝日新聞出版)

 

 個人的な評価 ☆☆☆☆

 

姉妹にしか分かりえない、濃密な共感と狂おしいほどの反感――。
刹那にリアルを感じる美しい妹・杏と、規律正しく行動する聡明で堅実な姉の理有。
二人が「共有」する家族をめぐる「秘密」とは?


 

(感想)

 

んー、結局何が真実なのかも、誰を信じたらいいのかもわからず、

スッキリしないままに終わっちゃったけど、読ませる力がある。

文章、やっぱり若い作家さんでは断トツにうまいです。

ゾクゾクするような描写、たくさんありました。

でも品がないし、今の若者っぽすぎるから好き嫌いがはっきり分かれる作家。

もうちょいリアルな庶民のステージに降りてきてくれれば、

読書層も広がるんだろうけど、

そんなのは金原ひとみじゃないもんね。

この人には将来的に山田詠美みたいな作家になってくれることを期待しています。

 

理有と杏の姉妹は正反対のタイプに思えるけど、

母親という存在に飲み込まれ、心の中に抱えてるものはまったくおんなじ。

「そして気づくと私も母と同じように、誰とも溶けあえない人間になっていた」という一文がすべてを語っていると思う。

ぎこちない形でしか人と混じりあえない人間というのは、

どんな環境でどんな人と過ごしてきたかによって出来あがるものです。

けどそれを言い当ててくれたり、健全な形でグイグイ来てくれる人がそばにいれば

人はきっと変われる。

最終的に二人ともモヤモヤを吐き出して、ほんの少し解放された気はしました。

いい方向へ進んでいけるといいな。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:49 | category:    金原ひとみ |
# お悩み天国〈3〉治勲の爆笑人生相談室

JUGEMテーマ:読書

 

 お悩み天国〈3〉治勲の爆笑人生相談室 / 趙治勲(日本棋院)

 

 個人的な評価 ☆☆☆

 

 治勲の愛が詰まった人気シリーズ第3弾。

 今日も咲きます「お悩み」の花!

 「女流プロのお悩み聞きました」ほか収録。

 

 

(感想)

 

うーん、面白くなくはないんだけど、

ちくんのトンデモ回答にも変なノリにも私は慣れてしまったのかも?

全2作ほど大笑いしなかった気がします。

 

囲碁を知らない私でも楽しめるというのはやっぱり凄い。

でも井山裕太さんなど囲碁棋士の名前くらいはそれなりに知っている人でないと

読んでも面白さは半減でしょうね。

この本はなんといっても、

彼らのことをああだこうだ言うちくんが面白いのですからw

巻末の「この巻の主な登場人物」も笑えます。

山下敬吾さんの「ちくんとは一緒にブラジルで踊った仲」ってなんなんだろう?

二人が踊ってる姿、想像するだけで笑えます。

 

シリーズ第3弾ということで、

表紙のちくんのイラストの髪にとまっている鳥も3羽に増えました。

これ、このシリーズが10弾・20弾と続いたらどうなっちゃうんでしょうねw

| comments(0) | trackbacks(0) | 14:25 | category:    趙治勲 |
Categories
Archives
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
Search this site
Sponsored Links